『NIPPON TABERU TIMES』が目指すビジョン

in ピックアップ/編集部から
この記事の書き手

食べるとは、他の生きものの命で自らの生きものとしての命をつなぐ営みでした。それは地球上で生きるどの生物も逃れられない掟です。人間も例外ではありません。そしてそこには、感謝、祈り、感動があり、食べものは“命”そのものとして大切に扱われていました。翻って現代の日本はどうでしょうか。世界の大量消費文明社会の先頭を走ってきたこの国では、食べものが工業製品と変わらない“モノ”として扱われ、食べることが、まるで車にガソリンを給油するかのような行為に貶められています。そうして、食卓から、感謝、祈り、感動は消え、その結果、生きることの根っこが揺らぎ、地域の食文化も衰退の一途にあります。その結果、過疎問題がこの国の生産現場を覆い尽くそうとしています。なぜ、このようなことになってしまったのでしょうか。

その理由は、食べる人からつくる人の姿が見えなくなってしまったからです。巨大な流通システムで分断された消費者と生産者は、都市と農山漁村という異なる世界で別々に暮らし、お互いへの関心を失ってしまいました。消費者が得られる食べものの情報は、値段、見た目、食味、カロリーなど、すべて消費領域のものです。おいしいか、おいしくないか。高いか、安いか。これらの表面的情報が食べものの世界を支配しています。結果、生産者は過小に評価され、買い叩かれ、担い手不足が深刻化。一方、消費者は、完成された消費社会の中で疲弊し、漂流しています。

今こそ、生産者は食べものの裏側から消費社会のどまんなかに躍り出るべきときです。『NIPPON TABERU TIMES』は、生産者自らが情報発信源となる新しいニュースメディアです。都市の消費社会が喪失した身体性、精神性、関係性、多様性が色濃く残る生産現場の豊かな世界に生産者自身が今一度目を向け、再発見し、消費者に伝えていく。食べものの表側にあふれる食品メーカーがつくる“味の物語”に、食べものの裏側に隠れている生産者が紡ぐ“命の物語”を拮抗させていくのです。その“命の物語”には、バーチャルな消費社会を凌駕する圧倒的なリアリティがあり、消費者に多くの「気づき」、「学び」、「価値の転換」をもたらします。これは、“物語”と“コミュニケーション”の力で生産者と消費者をつなげる『東北食べる通信』を25回刊行してきた私自身が、強く実感したことです。「消費」を核とする一次産業を、「生産」を核とする一次産業にひっくり返すのです。

生命を育み、生命が奪われていく過程に携わる生産者と、奪われた生命を自分自身の生命維持のために取り込み、活かす消費者が交流し、融合していくことで、消費者は自分の生命が“命の循環”の輪の中にあることを自覚し、生きることの実感をたぐり寄せることができます。食べる人の世界とつくる人の世界が接近し、交わることで、食べることの本来の豊かさを暮らしの中に取り戻すこともできます。食べる人とつくる人をつなげるこの新しいニュースメディアは、行き詰まった消費社会を地方の生産現場から乗り越えようという試みです。もっと言えば、潜在する地方の生産者のエネルギーを顕在化させ、完成された消費社会に押込められた都会の眠れる「個」を呼び覚まし、共に生きようとする企てでもあります。

国家間の自由貿易競争が激しさを増す時代にあって、一次産業の大規模化、株式会社化、ハイテク化に一層拍車がかかっています。しかし、これは食べることの本来の豊かさから遠ざかる道になりはしないでしょうか。均質化・同質化を促進する一方で、地域文化の喪失をさらに招くことになりはしないでしょうか。景気や天候、災害などの変動に脆弱になりはしないでしょうか。私はこうした懸念を、システムとしての〈国〉に期待・依存するのではなく、私たち自身が食べること、つくることを自分たちの手の届く身近なところに引き寄せていくことで、解消していきたいと考えました。

食べること本来の豊かさに立ち返る生産者と消費者がつながり、集い、食卓を囲み、語り合い、喜びを分かち合っていくことで、自然に育まれた命をつなぐもうひとつの〈くに〉を自ら治めていく道を開きたい。『NIPPON TABERU TIMES』を通じ、消費者は行きつけの生産者を見つけ、つながり、ときに自らも土を耕し、この〈くに〉というコミュニティ、言わば命を育む“第二のふるさと”づくりに参加することができるようになります。生産者は、価値観を共有する消費者たちとつくるこの〈くに〉というコミュニティを舞台に、マーケットに振り回されない生産活動ができるようになります。それが、私たちが考える、グローバル化に"勝たなくても負けない"道です。相手の土俵に乗らず、自分たちの土俵で戦う。

『東北食べる通信』は、都市と地方をかき混ぜるというコンセプトの下、編集部が生産者の物語を発信することで、生産者と消費者をつなぐ新しい回路を開きました。しかし、毎月取り上げる生産者が変わっていくため、その回路は一ヵ月で閉じてしまうことになります。その回路を継続的に開いていくためには、生産者自身が現場から情報を発信し続けることが大事です。『NIPPON TABERU TIMES』は、そうした生産者の声をより多くの消費者に届ける拡声器の役割を果たします。また、生産者同士が情報発信力を学び合い、磨き合う学校のような場にもなります。

全国の農家、漁師のみなさん、生産者自身がメディアとなる新しい時代の幕開けです。みなさん一人ひとりが都市住民に向けて、旗を立て、情報を発信し、呼びかけ、仲間を増やしてください。写真、動画、音、絵、文字を駆使し、現場の魅力を伝えてください。市場に出回らない生産物の地元料理、魚のさばき方や漬物のつくり方、生産方法や道具のマニアックなこだわり、自然災害や獣害などのトラブル、伝統芸能や祭などの地域の宝、隣近所からもらったおすそわけ、目を奪われた自然の景色、人手が必要な出荷作業や地域行事の案内、生産者が挑戦しているプロジェクトなど。また、編集部から論説執筆も依頼します。政治家やマスコミの上からの天下国家論ではなく、農家や漁師による畑や海からの天下国家論を思う存分語ってください。

生産者は消費地に向けて情報を発信し、消費者は生産地の魅力を知り、足を運び、土をいじり、波にゆられる。そうして、命を分かち合う“第二のふるさと”の住民を増やしていくのです。それが都市住民、そして生産者自身の「希望」になるはずです。この「希望」と「希望」の点を線で結び、線を面でつなぎ、うねりにしていくことで、日本に、そして世界にこの豊かな世界を示していこうではありませんか。さあ、みなさん、『NIPPON TABERU TIMES』という現代の百姓一揆を起こしましょう。すべての国民がいろいろな形で食べものづくりに参加する“一億総百姓社会”を共につくっていこうではありませんか。

2015年7月27日
NIPPON TABERU TIMES 編集長
高橋博之

 

(参画をご希望の農家・漁師の方はこちらをご覧下さい


➤この農家・漁師のプロフィールを見る