第1回 たけのこを1億円掘った男

in 編集部から/農家漁師にインタビュー/静岡
この記事の書き手

風岡(かざおか)直宏さん

(風岡たけのこ園代表 静岡県芝川)
風岡さん1

第1回 たけのこを1億円掘った男

~ネットで話題!静岡の「フェラーリたけのこ屋」に潜入取材~

静岡県の山奥に、伝説のたけのこ農家がいるという。
最高品質のたけのこを育てあげ、直売所にはお客さんが殺到。
彼の名は、風岡直宏。
トレードマークは、ピンクのタンクトップ。人は彼を「農業界の武井壮」と呼ぶ―
ネットで噂を聞きつけた編集部森山が三度に渡って本人を直撃してきました。

_____

「農業界の武井壮、食べタイに見参!」

森山3
こんにちは。早稲田大学3年、森山健太です。「静岡県に、謎のフェラーリたけのこ屋がいる」との情報をネットで聞きつけ、やってきました。


風岡
どうもこんにちは!静岡でたけのこ掘ってます。
「農業界の武井壮」こと、風岡(かざおか)直宏です。

 

森山3
なんでも、たけのこで稼ぎまくってフェラーリを買ったそうで …

 

風岡
そうだよ!
ねえ、ちょっとこの雑誌見てみてよ。僕のフェラーリが載ってるら?

aaa

森山3
…噂は本当なんですね!

 

「失恋のエネルギーをバネに、トライアスロンのプロに」

無題

森山3
風岡さん、お仕事は何をされてますか?

風岡
もちろん、たけのこ農家だよ。

森山3
見た感じ、すごくいい身体つきですが、トレーニングか何かされてるんですか?

風岡
うん。毎日欠かさずウエイトトレーニングをしてるよ。ウエイトトレーニングしてる農家なんて、日本中探し回っても僕ぐらいだろうね(笑)。まあ、すべてたけのこのためなんだけどさ。ちなみに食事は一日2食。昼飯はプロテインだよ。
a

森山3
まるでプロアスリートばりの身体管理ですね。

風岡
実は僕、23歳まではトライアスロンのプロ選手だったんだよ。

森山3
えっ、本物のアスリートだったんですか!なぜトライアスロンをしてたんですか?

風岡4
僕、高校時代にすんごい失恋をしたんですよ。
ただ、卒業しても その娘のことが忘れられなくてさ。僕は昭和48年生まれ。そのころは携帯電話もないから、もう会えないだろうと。じゃあ、自分の存在をもう一度その娘に知らせるために、僕がスポーツで活躍すればいい、そしたら、テレビや新聞が届けてくれるって考えたのさ。

森山3
有名になって名を上げてやろうと。

風岡6
そこで始めたのがトライアスロン。でもね、僕、はじめ全然泳げなかったんすよ。クロールの息継ぎさえできなくてね。日中に人に見られるのは恥ずかしいから、まだ誰も起きていない早朝、近所の川でひとり泳いで練習してたさ(笑)。
風岡さん_6392

森山3
野生っぽい!(笑)
そのあと泳げるようになって、最終的にはプロにまでなっちゃうんですか?

風岡
うん、プロに入って、13レース優勝してる。
やっぱり、叶わぬ恋の「嫉妬」のエネルギーは大きかったね。 人生を川だとすれば、川は普通に流れているだけじゃもったいないら?そんなら、そこに発電機をつければいい。人間、普通に生きているだけじゃもったいないと思うよ。で、この写真は、トライアスロン時代の僕。
無題a
無題aa
無題

森山3
おー!カッコいい!

風岡
トライアスロンはね、何より強くなった自分が楽しいんすよ 。
だんだん自分の夢が、日本へ、世界へって広がっていくのを感じるんだ。でも、23のときにケガでやめちゃった。

森山3
いよいよこれからって時に引退しちゃったんですね…

風岡
トライアスロンをやめて始めたのが運送屋のバイト。これがやたら稼げてしまったんですよ。たとえばここに1円玉がおっこってたとするじゃないですか。で、それを拾うために使うエネルギーが1円だとすると、僕がトライアスロンに使っていたエネルギーって、月200万とかのとんでもないエネルギーになるんじゃないかと。つまり、自分の持ってるエネルギーをお金に換算して考えたわけ。このエネルギーを活かして次に始めた商売が…クワガタだったのさ 。

 

「クワガタとたけのこでフェラーリを買った」

風岡さん1

風岡
当時ブームだったオオクワガタの養殖は、大ブレイクですよ。ひとりで年間3800万稼ぎました。一日50万をオーバーする日が出たり…それで、フェラーリを買ったんです 。
無題

風岡
だけど僕の商売、普通の人は真似できないよ。たとえば現在、クワガタ採りの時期になると、夜11時に起きて、朝3~4時までクワガタを採っている。帰ってきたら仮眠を取ってたけのこの山の手入れ、そして夕方までこの直売所の店番。この繰り返し。な、相当きついら?

クワガタがブレイクした後は、うちのじいちゃんの代で取り組んでいた、たけのこ業に本格的に力を入れることになって。だから僕は三代目たけのこ農家なんです。

森山3
たけのこ業を始めてみて、苦労はありましたか?

風岡
3年目くらいまでは、裏年と表年(編集部注*)の差がものすごかった。肥料やってるのになーんでこんなに出ないんだろう、とかね。竹の仕立て方とか密度とか、もう、苦労ですよ。芝川の図書館でたけのこの本を借りて必死で読み込んだよ。

そのうちに商売がうまく回り始めて。それで、今から12年ほど前、2台目のフェラーリを買ったんだ。初めに見せた雑誌のフェラーリだよ。

森山3
なるほど!それにしてもなぜ、フェラーリなんですか?

風岡
僕みたいな田舎の若い農家でもやればできることを証明したかったからさ!フェラーリを持てば、若手農家のイメージリーダーになれる。後輩たちに夢を与えられるでしょ。まあ、40代になった今では、物欲がきれいさっぱりなくなったけどね。

実は、数年前に奥さんとの関係が悪くなっちゃってね…。奥さんは フェラーリが気に入らなかったみたい。だもんで手放しちゃったよ。頭も丸めて精一杯の誠意を見せた。だけど結局、離婚になっちゃってさ…。ところがね、離婚とフェラーリを売り払ったタイミングがばっちり重なっちゃった。それで地元の人には「あいつ、離婚の慰謝料としてフェラーリを持っていかれた」って噂されたよ。ひどいら?(笑)

それで今は、父母と3人で暮らしてる。只今、若い嫁さんを絶賛募集中だよ!

風岡さん_6549

風岡4
ん~、なんでかな。僕のところで売ってるたけのことか桃とかは、非常によく売れる。でもね、店主はなかなか売れないんだ(笑)。

(連載シリーズ② http://taberutimes.com/posts/5200 に続く)

(編集部注 *)
たけのこの収穫の波は隔年で訪れる。たけのこがよく出る年を表年、出ない年を裏年という。

<風岡さん連載シリーズ 予告>
第2回 「農業界の武井壮、たけのこを語る」
http://taberutimes.com/posts/5200
第3回 「日本初!幻の白子たけのこの量産に成功したさ」
http://taberutimes.com/posts/5337
第4回 「男の血が湧き立つ!たけのこづくりは、エキサイティングな天職」
http://taberutimes.com/posts/5413
第5回 「超アナログ商法!僕がお客さんの心をがっちりつかむ秘訣」
http://taberutimes.com/posts/5428
最終回 「時代は低燃費系男子?僕はフェラーリ系男子だよ」
http://taberutimes.com/posts/5746

 

無題

風岡2「出木杉君からは何の物語も生まれんでしょ」

僕も、フェラーリ買ったところで終わってたら、あんまり共感を持たれんかったかもしれない(笑)。紆余曲折ありすぎるくらいが人生だよ。

 

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 静岡県富士宮市芝川