【編集部の夏休み11】グリーンツーリズムってどんなもの?体験してみた!

in ピックアップ/山形/編集部から
この記事の書き手

一ヶ月にわたる農家旅・Full Bag Tourも、残すはあと10日になりました。

9/10~11に、山形県村山市で開催された「蕎麦プロジェクト」に参加しました。

蕎麦プロジェクトとは・・・?

山形県村山市が、一般社団法人「縁起の森」とともに行うプロジェクト。

学生と地域の住人が一体となって、耕作放棄地を開墾し、蕎麦を育て、できた蕎麦を東京で販売する、という産官学連携のプロジェクトです。

村山の魅力を知ってもらうことで、村山市の関係人口を増やし、地域活性化につなげること。

耕作放棄地を活用することで、地域が活性化するだけでなく、学生が地域に貢献できる場を作ること。

学生を中心とした都会の人が、地域交流や農業体験をできる場を作り、農業・地域の魅力を伝えること。いわゆる、グリーンツーリズムです。

この3点を目的として、プロジェクトが進められています。

今年は、プロジェクトの初年度。手探りで、プロジェクトが運営されています。

今回は、実は、蕎麦プロジェクトの第三回。

前回までの様子をちらっとお見せします!

第一回・・・耕作放棄地の開墾

第一回は、耕作放棄地の開墾を行いました。畑は、村山市の東北部、大倉地区の蕎麦組合から借りています。

鎌を使って、手で草を刈ってみましたが、時間のかかることかかること・・・隣で草を刈る草刈り機の威力には舌を巻きました。

地元の方との交流会も盛り上がりました!

耕作放棄地の開墾の様子。小雨がちらつく中での作業になりました。

第二回・・・蕎麦の種蒔き

第二回は、第一回に開墾した耕作放棄地に、蕎麦の種を蒔きました。

35度を超える猛暑の中での作業・・・。

地元の農家さんでも普段は作業しない、過酷な環境での作業になりました。

すくすくと育ってほしいと願いを込めつつ、蕎麦を蒔きました。

学生8人、地元の方10人余り、市役所の方で一枚

そして第三回!今回は、蕎麦畑の草刈りを行いました。

このボーボーの草を、、、

草刈り機で刈っていきます!

参加者の中には、草刈り機を初めて使う人も。

感想を聞くと、「草刈り機が重くて大変だった」とのこと。

農家の仕事の多くを占める、草刈り。その大変さを味わえる、いい機会になったのではないでしょうか。

最後に一枚。視察にいらっしゃった県職員の方も交えて。

草刈りの他にも、村山市ならではのアクティビティを行いました。

まずは、フットパス散策。

古くからの信仰が残る、村山市大倉地区の甑岳近辺を散策しました。

まちづくり協議会の方から、歴史や自然についてのお話を聞かせていただきながら、心休まる時間を過ごすことができました。

まちづくり協議会会長の斎藤さんを先頭に、フットパスを歩く参加者 。

そして、サトイモの収穫!実は、村山市は、山形県一のサトイモの生産地。

二人一組になって、サトイモを掘り起こしていきます。

サトイモの根が思ったよりも大きく、掘り起こすのに苦労する人もちらほら。

お世話になったサトイモ農家の阿部さん曰く、サトイモの栽培にはあまり手がかからないそうで、利益率はなんと7割にものぼるそう。

阿部さんと話をしながら、1時間弱の作業になりました。

一人が掘り起こし、一人が引っ張ります。

そして、、、参加者お待ちかねの芋煮会!!

自分たちで作った芋煮を囲んで、地元の方と交流します。

東京の学生に、地元の人が、「けえ、けえ。(食え、食え。)」と優しく声をかけてくれます。

「おめえ、どこさからきだ?」

「ほんで学校は?」

と、質問ぜめに。

村山市に、大倉地区にに、少しは馴染めたかな?と感じる、楽しい芋煮会になりました。

芋煮会の最後に一枚。

【関連記事】

【編集部の夏休み01】1カ月間生産者を巡る旅”Full Bag Tour”の幕開け

【編集部の夏休み02】いよいよFull Bag Tourスタート!午前4時起きで向かったのは・・・

【編集部の夏休み03】誰もやらないところで一番になる!スター農家の“ニッチトップ“戦略に迫る

【編集部の夏休み04】こんなに美味しくて高く売れるのに…。”ルビーロマンの”作り手はなぜ減っている?

【編集部の夏休み05】キノコの生産工程、1から教えてもらいました!

【編集部の夏休み06】農業と異文化交流の共存。「こんな農家さん、会ったことがない・・・!」

【編集部の夏休み07】『地方で暮らす』を考える。Iターンで見つけた幸せのカタチ

【編集部の夏休み08】福島県矢祭町特集 ~人口5800人の町はこれからどこに向かうのか~

【編集部の夏休み09】なぜ人は地方に惹かれるのか 〜人と人がつながる『農縁』〜

【編集部の夏休み10】「一騎当千の農家になれ」~大規模生産法人が見すえる未来~


➤この農家・漁師のプロフィールを見る