青山ファーマーズマーケットでお買い物企画!!! ~予算は1000円、1500円、2000円~

in ピックアップ/東京/編集部から
この記事の書き手

〇青山ファーマーズマーケットお買い物企画

2019年1月19日、食べるタイムス編集部員荒川が、同じく編集部員のかなで、ななちゃん、とともに、青山ファーマーズマーケットに行ってきました。青山ファーマーズマーケットは渋谷駅から歩いて10分程、国連大学前広場にて、毎週末土・日曜日10-16時に開催されています。こだわりの商品と個性豊かな生産者さんを求めて、食べタイ編集部3人で青山ファーマーズマーケットに突撃します!!

今回のお買い物のテーマは、、、

”予算は1000円、1500円、2000円!!ファーマーズマーケットどれだけ楽しめるかな?”

大学生のお財布でも楽しめる価格設定でお買い物。ファーマーズマーケットを楽しめるでしょうか??

ということで、まずはメンバー紹介!

1人目、予算2000円のかなでは、青山ファーマーズマーケットのような大きな規模のマーケットは初めてです。今週は、友達が家に泊まりに来る予定なので、予算は2000円に設定しました!

2人目、予算1500円のななちゃん、青山ファーマーズマーケットに何度か行ったことはあったけれど、本格的なお買い物は今回が初めて!

”予算は500円“の予定が、マーケットに到着した誘惑に負けて、予算がいつのまにか1500円にアップしていました!笑(誘惑に負けやすい性格のななちゃんらしい!)

最後に私、荒川の予算は1000円。ななちゃんと同じく、青山ファーマーズマーケットに行った事はあるけれど、ちゃんとお買い物するのは今回が初めて!!映画館に行くより安いという予算設定です。1000円で、どれだけ楽しめるか試してみます!!

 

〇さっそく、お買い物タイム!!

10時半頃、お買い物開始!

まずは、ぐるっと回ってみようという事で、、、

荒川「可愛らしい縦長のビンに入ったお米を発見!さらに、それを風呂敷で包んでいて、オシャレ、、、!!これは、外国へお土産として持っていきたい!!」

かなで「はちみつ!生姜はちみつ風邪予防にバッチリ◉」

ななちゃん「ドライココナッツ!程よい噛み応えと甘さがストレス解消してくれそう。デスクワークのおともにGood!予算あれば買った(笑)」

 

〇結果!

生産者さんと話し、試食させてもらいながら散策していると、全部見終わったのはちょうどお昼前でした。あっという間の90分。

さて、気になるお買い物内容は、、、

予算2000円のかなでのお買い物はこちら!

玉ねぎ 200円

しいたけ 500円

ニンジン 320円

さつまいも 280円

みかん 500円

紫小松菜 200円

⇒合計2000円

(この大量の野菜を持って、かなではアルバイトへ向かって行きました!笑)

次に、予算1500円のななちゃんのお買い物はこちら!!

ジャム 900円

野菜セット+おまけのルッコラ 500円

⇒合計1400円

可愛くて美味しいジャムに一目惚れ♡

(このジャムが欲しくて、予算を500円から1500円にあげた、ななちゃん!笑)

最後は、予算1000円の荒川!

生キクラゲ 200円

紫小松菜 200円

お茶 400円

⇒合計800円

好物の生キクラゲをゲットできて嬉しい!!

(なんか、組み合わせが渋い、、、?)

 

〇ファーマーズマーケットお買い物企画の感想

それぞれ、お気に入りの商品を予算内でお買い物を楽しんできました。さて、ファーマーズマーケットお買い物企画の感想は??

かなで「食べることが大好きな人と行くとめちゃめちゃ楽しい!予算を決めて行くとお金を無駄にせず、本当に欲しいものを購入できる!1時間とか少しでも時間があったらいける!人と話すのが大好きだからほんとに色々な人に出会えて嬉しかった。顔見知りの生産者さんが増えるといいな、大学の友達も一緒に行きたい!って言ってくれたから、行きたいな!」

ななちゃん「食材の美味しくて簡単な調理法とかも教えてくれるから、家に帰って料理するのが楽しみになる!めんどくさがり屋の私が自炊したいと思えるなんて奇跡!マルシェ通いで女子力あがりそう。あと、試食をいっぱいさせてくれるから、友だちと食レポしながら回るのもおすすめ。テレビのロケっぽい感じがして楽しいのはもちろん、農家さんも喜んでくれて、仲良くなれる。マルシェの楽しみ方は無限大だな~と感じました。」

荒川「楽しい〜〜!また行きたいし、ほかのマルシェも行きたい!普段のお買い物だけでなくて、贈り物を買いに来るのも良いなって思った。友達と一緒に行くと、農家さんとの会話が弾むのが良いね!今回、お昼食べた時間もいれると、3時間くらい滞在していた。休日に友達とファーマーズマーケットで買い物は、映画を観に行ったりする感じで楽しめる!笑」

 

〇ファーマーズマーケットに行きたい人へ、アドバイス

この記事を読んでファーマーズマーケットに行ってみたいと思った人にアドバイスをお願いします!!

かなで「買いたいものがあれもこれもとあるので、一回一通り見てみる!毎週出店している農家さんもあるので、今週はこれ、来週はこれと目星をつけて楽しむべし!あとは、顔の見える食材なので、生産者の方に話しかけてみるとマルシェをより楽しむことができる!」

ななちゃん「まずはマルシェを一周すること!一周目はしっかり見て、欲しいものの目星をつけることがポイント!どのお店も魅力的なので、衝動買い注意!私は初っ端から飛ばしすぎて予算が足りなくなったので、マルシェを楽しむコツとして計画性は不可欠です。」

荒川「フードカードがいくつも出ているので、お昼の前後に行くのがおススメです!私は、今回お昼にカレーとナンを食べました!外で食べるの気持ち良かったです!あと、持っていくと良いものは、マイボトルとマイバックと細かいお金かなと思います~!!」

以上ファーマーズマーケットお買い物企画でした!

 

〇おわりに

そもそも、なぜこの企画を行ったかというと、、、

農家さんや漁師さんを紹介するWebサイトを運営している私たち学生の課題の一つは、交通費や時間の関係で、生産者さんに頻繁には会いに行けない事です。そんな課題を抱えていて、ある時ふと思いついたのが”ファーマーズマーケット”。私たちが生産者さんに会いに行かなくても、毎週生産者さんと会える場があるじゃないか!ファーマーズマーケットに行って、生産者さんと話し、その人が作ったものを食べる。それはまさに、私たち編集部が大切にしている”顔の見える食材を食べること”を簡単に実現する方法の一つだと気が付きました。

「ファーマーズマーケットって、見たことはあるけれど入った事がない。」「行った事はあるけれどお買い物をした事は無い。」そういう人が結構多いのではないでしょうか。「スーパーで買うよりも高そうだし、わざわざファーマーズマーケットまで行くのが面倒くさい。」そんな風に思う人もいるかもしれません(私もそうです)。

でも、友達とランチに行くとか、恋人と映画を観に行くとかと同じように、”ファーマーズマーケットに行く事”が休日の楽しみの一つだとしたら、ファーマーズマーケットで使う、お金や時間に対する捉え方が変わるかもしれないと思い、今回の企画を行いました。実際に、ランチや映画と同じくらい、もしくはそれよりも安い価格で、友達や生産者さんとの会話を楽しみながら、美味しいモノをたくさん試食させて頂くという濃い時間。買い物中から、三人とも口をそろえて、また絶対来たい!!と言うくらい、楽しい休日の過ごし方でした。

この記事を読んで、ファーマーズマーケットに興味を持つ人や、行ってみたいと思う人がいれば嬉しいなと思います。

お買い物の様子や、その後の料理の様子は食べるタイムスのInstagram、twitterで投稿しているので、是非チェックしてみてください!

(2019.1.30 編集部荒川)

 

〇参考

青山ファーマーズマーケット

http://farmersmarkets.jp/

食べるタイムスInstagram

https://www.instagram.com/tabetai_gram/

食べるタイムスtwitter

https://mobile.twitter.com/taberutimes

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る