独りじゃ活きられへん〜独活(うど)農家CFの挑戦〜

in 地域/大阪
この記事の書き手
農家 大阪府茨木市

【クラウドファンディングに参加します】
お友達の農家さんにお誘いいただき、クラウドファンディングに参加させていただくことになりました。

https://camp-fire.jp/projects/view/99417

今年の度重なる災害で、独活の半分を失いました。

独活は収穫に一年を要し、果樹等と同じで収穫量を増やすには数年間の期間を要します。
収穫量が数年にわたり減少します。

しかし、台風や地震、豪雨等の補助金は、同じ生産物を作っている農家でまとまってしなければいけない等の条件があり、最後の一軒の独活農家である我が家が利用できる条件に満たなかったため、利用できませんでした。

経営的に厳しくなるので、別の仕事をすることも考えましたが、農業に注ぐ時間を減らすのは、悔しいなぁと思うので、、これを機に、新たな地域資源を活かした事業をはじめたり、
異常気象に適応していくための投資をしようと考えています。

クラウドファンディングで資金を集めること、実はすごく悩みました。
天災の影響でピンチになったとはいえ、自分たちが好きで選んだ道。
応援してくださる人に甘えていいのかなぁと。

今もこの選択がよかったのか答えは出ていません。

でも、人は独りじゃ生きられないし、食べずに生きていくこともできないことを、私は農家になり教わりました。
困った時に、独りでどうにかする選択肢や、
食べるものを作らずに稼いでどうにかする選択肢は何だか選びたくなかったのです。

今は、積み上げてきたものが一瞬で崩れてしまい、「ガーン」って感じです。
が、どうせ立ち上がるなら楽しい方がいいかなと思うので、皆さんと笑ってピンチを乗り切りたいと思います。

クラウドファンディングのリターン品は、「中井家の現実逃避に付き合う会」参加券または「根性米5キロ」を準備しました。

現実逃避に付き合う会は、独活小屋で栽培中の独活を見てもらった後に我が家でドンチャン騒ぎする会です。
根性米は、今年除草剤を使わなかった結果、私たちを草取り地獄に追い込んだ異様に手間のかかった米です。(めっちゃおいしかった。。泣)

もしよろしければご支援いただけると嬉しいです。
上記URLからリターン品「茨木市 千提寺farm.中井」を選択いただくと、ご支援完了です。

私たち以外にもたくさんの農家さんが参加されてます!
一過性のことではなく、持続的に大阪農業を支える仕組みも今回の資金でつくるそうです。
ぜひそちらもご覧ください。

=============================

【農家さんリターンその②】

●茨木市にて、三島独活(うど)を育てる千提寺farm.の中井さん

「三島独活(みしまうど)」って聞いたことありますか?なにわの伝統野菜の1つ、全国でも唯一の生産者となる中井さんです^ ^

北摂は、台風の前に地震もありました。今年は干ばつや大雨など、何度となく自然の猛威に肩を落としたという中井さん。写真の独活畑は、奥半分以上、枯れてしまいました。
でも、もう起きたことは仕方ない!前を向くために、そんな中井家をみんなで励まそう!というアイデア????企画を考えてくれました‼️我こそは!というパワー溢れる支援者を募集します????

===============================

「中井家の現実逃避に付き合う会参加券」または「天日干し根性米5㎏(ひとめぼれまたはきぬむすめ)」

支援額: 10000円
限定数: 50セット
発送時期: 2019年1月の中旬頃(土日いずれか)

大阪府北部地震、大雨、台風と度重なる災害でボコボコにされた中井家が、現実逃避をする会を開催します。全国で唯一ここでしか見られない三島独活を藁と干し草の発酵熱で育てている様子をご覧いただき、何とか生き残った独活たちに「がんばれよー!」と声援をみんなで送ったら、どんちゃん騒ぎをして、楽しい1日を過ごしましょう!

台風で倒れ、我が家の屋根を破損させた杉の木を使って、薪ストーブでピザを焼いて食べます。農園で収穫した野菜をたっぷり載せたピザと、手づくりジュースやお酒を楽しみながら、笑って元気になりましょう。残念ながら、ご都合が合わない方には、天日干し根性米5㎏をお送りいたします。今年、除草剤不使用での栽培に初チャレンジしたのですが、草抜き地獄に追い込まれました。あまりに根性を鍛え上げられたので、根性米と名付けました・・(笑)

==============================

【中井さんからのコメント】

大阪府茨木市の山間部にある自然豊かな地、千提寺にて、「三島独活(みしまうど)」という伝統野菜を全国で唯一生産・販売しております中井と申します。

独りで活きると書く「独活」ですが、「三島独活」は人が寄り添うように手間暇かけて育む野菜です。私たちは伝統農法を忠実に継承しながら、三島独活を作っています。

独りでは活きられない独活が私たちに教えてくれること。それは人とのつながりの大切さです。

伝統農法を継承する人、同じ土地に生きる人、独活を大切に思い応援してくれる人、そして三島独活を食べて下さるお客様。様々な人の支えなしでは、独活も、私たちも生きていけません。2015年に脱サラ就農して以来、本当にたくさんの人に支えられ、続けてこられました。

今年は、6月の大阪北部地震で畑に土砂崩れが発生。流れ込んだ土砂を片付ける間もなく、記録的な大雨が続き、江戸時代からこの地で受け継がれてきた三島独活の株が水没、その後干ばつ、台風が容赦なく弱った独活たちに襲い掛かり、約2分の1の独活の株が枯れてしまいました。独活の株は数年かけて増やしてきたもので、今後数年に渡り、収穫量に大きな影響が出てしまうと予測されます。

また、温暖化の影響で、伝統農法で栽培している三島独活にとっては、厳しい環境が続いております。今後も続けていけるだろうか・・と本気で考えましたが、そんな時に浮かんだのが、これまで支えてくださった沢山の人たちでした。「独りじゃ活きられへん」をキャッチフレーズに、独活を通じて、繋がってきた皆さんのお顔です。

三島独活は、みんなに守られてきました。「みんなで活かせば、できないことはない」を証明してきました。だからこそ、今回の試練も必ず乗り越え、三島独活を通じて、人の繋がりの素晴らしさ、温かさ、強さを伝えていきたいと思っています。

支援金で皆様にいただいた資金は、温暖化対策を行うための機械投資に活用させていただきます。これからも伝統を守り繋いでいくために、私たちも変化していきたいと思います。

リターン品としては、「中井家の現実逃避に付き合う会」の参加券をご準備しました。
泣いても、悲しんでも枯れてしまった独活は戻ってこないので、支えてくださる皆さまと思いっきり笑ってバカ騒ぎして、明日への活力にします。「そんなにおいしくはない」という評判の私の手料理も振る舞いますので、ぜひ明るく元気に励ましに来てください。
初めましての方も、おなじみの方も、参加した人たちが繋がっていける1日になると嬉しいです。

 

(2018.10.26)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大阪府茨木市