第一話「クマとの距離、2m」〜無線のない時代にマタギはどうやってクマをとったか〜

in ピックアップ/山形/東北/編集部から/編集部のインタビュー記事/農家漁師にインタビュー
この記事の書き手

連載シリーズ「無線のない時代にマタギはどうやってクマをとったか」

いまはマタギもスマホを使う時代だ。しかし、山中ではスマホは使えないので、「無線機」を使う。だが、かつて「無線のない時代」もあった。そのころ、東北のマタギたちはどのように山を歩き回り、集団で意思疎通してクマを捕らえていたのだろうか。マタギ界のオピニオンリーダーに聞く。(編集部  森山)

語り手:斎藤重美さん

山形県小国町猟友会の副会長。10代でマタギになり、現在まで約100頭のクマを仕留めてきた。

 

第一話 クマとの距離、2メートル

— 若い頃のクマ狩りはどんなものだったか?

無線機のない時代だったな。あのころは、時計を使った。山の下で時計の針を合わせて、「今から二時間以内にそれぞれ持ち場につけ」って。時間になれば始まるから。始まれば、実戦。

今じゃ考えられないほど接近戦だったな。当時の「村田銃」は一発ずつだからよ、昔の人は必ず一発で仕留めた。できるだけクマに接近してよ。おれが今まで近かったのは、2メートルくらいだ。

 

— 命の危険は感じなかったか?

そういうのはなかったね。

その時はクマが2つ向かってきたわけよ。まず、最初きたやつを撃ったば転けたべ。仕留めたと思って後ろから2頭目を待ってるわけよ。ところが、こねぇわけよ。困ったなと。

で、最初に撃ったやつを見たら、いねぇんだそこに…。どこ行ったんだ、おかしいなと。

そしたら、目の前にいるわけよ!!!

 

— どういうこと?

おそらく、わざと見えねぇとこ通って、おれのとこまで上がってきたんだべ。

 

— それでクマに襲われたか?

んだ。最初よ、バッとクマの手で脚をつかまれたのよ。それでガバッと噛まれた。

こっちは鉄砲さなんとか引き金引いて応じるわけよ。でも、ドン!と言わない。

 

— え?

弾がでねぇわけよ、こういう時に限って(笑)。

 

— どうして?

村田銃は不発があるんだ。自分で詰めた弾を使うから、詰め方が悪いと大事な火薬に火がつかねぇんだ。


▲現在はライフル。不発の心配もなくなった

 

— そんなことって…(汗)

しょうないから、クマの頭を鉄砲でたたいた。だども、ポッコン!ポッコン!って音するだけで木魚と同じよ。こりゃダメだと。

 

— かなりヤバい状況。

左脚はやられた。でも反対脚はあいてた。だからクマの顔面を蹴ってやった。クマも簡単には離れねぇ。一回ですぐにまくれねぇからよ。で、二三回蹴ったらまくれた。

 

— おお!

そのあと仲間がすぐ場所さ駆けつけてとどめ撃ってくれた。100キロはあったべな。

 

— 結局、重美さんは大丈夫だったか?

おお、大丈夫だ。今まだこうやって生きてっからな。

 

第二話「なぜ山言葉があるのか」につづく

連載シリーズ

第二話「なぜ山言葉があるのか」

第二話「なぜ山言葉があるのか」〜無線のない時代にマタギはどうやってクマをとったか〜

第三話「マタギの頭の中の“図面”」

第三話「マタギの頭の中の“図面”」〜無線のない時代にマタギはどうやってクマをとったか〜

第四話「変えてはいけない掟」

最終話「変えてはいけない掟」〜無線のない時代にマタギはどうやってクマをとったか〜


➤この農家・漁師のプロフィールを見る