笑平でこぼこ農園新聞vol.14発行しました‼&シーズンイン!

in スローライフ/仕事,生活を覗く/地域/福島/農家の仕事
この記事の書き手
農家 福島県石川町

植物の生きる力を感じる、春。

気がつけば畑一面草でおおわれ、
冬に収穫したブロッコリーやキャベツの軸からは

新しい芽が吹き出している。

 

1月下旬より通っていた出稼ぎも、夫婦ともに3月末で無事終了。

ようやく畑に専心できるようになりました。

出稼ぎ期間中、文庫「君たちはどう生きるか」を読みました。
とても、とてもよかったです。
同時に、もっと早く読めばよかった。
中学の頃出会っておきたかった。そう思いました。
どこかの誰かが、「優れた著書は、自分の成長と共に、違う感想をもたらしてくれる」というようなことをおっしゃっていましたが、
正に、そんな本でした。中学生の頃出会っていたら、私は、どう思っただろう。そう思わずにはいられない。

私の出稼ぎアルバイトが、他人の人生にちょっとだけ触れる職種だったのと、
「君たちはどう生きるか」で、主人公コペル君が人間の繋がりや社会を考え、気づく 場面があったせいか、
この世に必要のない仕事はないはずで、その様々な仕事があるからこそ
私は生きられ、社会は成り立っているのに、
会社が大きいとかそんなことで、なぜ収入に差があり、
さらに言えば、なぜ高収入の人が偉いような世の中なんだろうか。
もっといえば、収入は低くても、なくては困る仕事はいっぱいあるのに、
そういう仕事をしている人は素敵‼ていうことより、収入で人は人を見る…なぜ…
と、純粋な中学生のようなことを心にずっと抱いています。
あれ?これって読書ブログだっけ?
と、これ以上書くと不安にさせてしまいそうなのでこの辺で話題を変えます。
でも、なくては困る仕事の筆頭、第一次産業。
生み出す側であることに誇りをもち、
やっぱり様々な人の人生に寄り添うような農家でありたいと思うのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、笑平でこぼこ農園新聞vol.14発行しました!!

 

・石川町に引っ越して丸5年。

今まで、楽しめなかったり、うまくいかないことを、環境のせいにしたり、お天気のせいにしたり、人のせいにしたり…

それは、すぐ結果を求めてふり返るから。まだ頑張りの途中なのに、結果なんて出るわけないのに、ふり返ったから。
今はふり返る時じゃない。まだまだ途中。
ふり返って「まだダメじゃん」て思ったら、次の頑張りが辛くなって楽しくなくなる。
それって、私が百姓であることに集中してないから。

クソー悔しい‼今年は結果をふり返らない。土と、ひたすら楽しんでやるのだー‼

 

・最近、果物を食べて思ったこと。

能面のような、表情のない野菜は、私にはおいしくない。つまらない。
個性的な味を、「あー、キロクさんの味‼」て分かるような
顔の見える、おもしろみのある野菜を、畑から送り出したいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、コッソリ告知。

今の時期はまだ露地野菜の品種の少ない東北。ちーさく早春野菜の詰め合わせ発送してます。

超期間限定。通常の定期便と異なりますので、
発送ご希望の方は、コッソリご連絡ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

準備運動なしで超忙しくなった畑。

耕して、トラクター壊れて、種まいて、雪が解けたから秋冬の片付けも同時。
ジャガイモの種芋のカット、収穫。
もうすぐレタスの苗も植えますよ♪
腹筋背筋たくましくして、腰痛にならないように頑張ります‼
(2018.04.12)

➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町