【ハーブの豆知識】ミントの旬知ってますか?

in ピックアップ/よめの日常/よめの視点/仕事,生活を覗く/日々の仕事/生長記録/茨城/野菜・くだもの・魚介図鑑
この記事の書き手
農家 茨城県古河市

春のミントは柔らかく甘みがあります。
今の時期しかないミントの香り。

同じミントでも季節によって、香りも形も厚さも変わります。冬のミントは重く、夏のミントは軽いです。
夏のミントは、暑さ対策で自ら枝の下の葉を枯らして風通しをよくします。

ミントの生命力を感じます。

ミントの葉を触れると、
葉に無数にある香りの袋がはじけ香ります。
新芽は香りの袋が多いので、特に香りが強いと言われています。

些細な風の揺れで、香りの袋は弾けて香ります。
この香りは虫や菌を寄せ付けない為に出ています。

夏場に「秋庭農園は蚊が少ない!」とよく言われるのですが、もしかしたらミントの香りが漂っているからかもしれません。

夏場はミントの出荷ラッシュなので、
ミントの新芽を摘む手や、ミントの中をかき分けて摘むので洋服にまで、ミントの香りがします。

そして面白いのは、
その触って香り袋が弾けた場所の周辺は、
防御本能が働き更に香りが強くなること。

まだ解明されていませんが、
情報は他のミントの葉に伝わり、
違うミントの葉まで香りが強くなるそうです。

ミントの防御本能=香りなので、
人間が守って甘やかすと、香りが弱くなります。

栽培していると、
ついつい守ったりしたくなるのですが、

雨風にあたるような虫もいるところで、
少しだけ見守り、
のびのびと育てるのが良いですね

(2018.3.18)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 茨城県古河市