おすそ分けの”梨”に一手間加える

in 「論」をよむ/なかま・訪問客/ぼやき/よめの視点/レシピ/九州/保存/地域/大分/農村漁村暮らし/食べる
この記事の書き手
農家 大分県由布市

竹林畑の周りには梨畑がいっぱいあります。
梨をいっぱいもらたので、せっせと加工してみました。
梨をコンポートにしたんですが、いっぱいできたので半分をゼリーにしてみました!これが意外にも一番おいしい気がします。
梨って加工にするとなかなか梨の味がでなくて難しいと思うのですが、ゼリーは梨の味を生かせた気がします。
image (2)

下は梨とカボスのジャム。
なかなかよくできましたが、少しカボス入れすぎたかな?梨っぽさはないですがおいしくできました!
茶色くなったのはきび砂糖のせいですね。
グラニュー糖ならもう少しきれいな色になるのかもしれませんが、きび糖の方がなんかコク?というか深みみたいなものがでるのでこちらを使ってます。グラニュー糖ならクリアーな味になると思います。なんだか梨農家のページの様になってますね(笑)
image (1)

去年より梨をもらう機会が増えました。
周りの人達と打ち解けてきた証拠かな?!梨を全て加工し終わったー!っと思ったら今日も畑から父ちゃんが梨をもらって帰ってきました。
またジャムにして保存しておこうかなぁ~。

今年は春の長雨や気温がなかなか上がらなかったりで、梨のできもあんまりよくないそうです。
毎年どこかで異常な天気になりますね。
長い梅雨が明け、夏日がほんの少しあったかなぁーと思っていたら少し涼しくなり、最近ではもう秋雨前線がきいているとか・・・。困ったもんです。

image

(2015.8.28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大分県由布市