意外と知らない「米ヌカ」のひみつ

in うんちく・こだわり/よめの視点/中部/仕事,生活を覗く/富山/日々の仕事
この記事の書き手
農家 富山県黒部市

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

毎日まいにち大量のお米を精米して、
これまた大量の米ぬかが出てくるので、
お天気を見ながら田んぼにまいています。

時々質問をされるので、
ここでお米と米ヌカの関係について解説!

玄米(茶色いお米)を精米すると、
白米になるわけですが、
その際に大量に出てくるのが米ヌカ。

お米の外側の皮の部分や、
胚芽の部分で、
ここに栄養がたっぷり含まれています。

玄米を白米にする過程で、
1割の米ヌカが出ます。

例えば、
10kgの玄米を精米すると、
9kgの白米

1kgの米ぬか

なります。

米ヌカは栄養たっぷりで、
精米したてはほんのり甘くて、
まるでアーモンドプードルのようです!
いえ、
誇張なしで本当に!!

でも、
それをお料理に活用しようとすると、
けっこう大変だったりします。

傷みやすいので、
お料理やお菓子に使う場合は、
長時間炒って冷凍保存。

この炒る作業に根気がいる為、
あまり受け入れられません(苦笑)。
時々、
ご希望の方には無料で差し上げていますが、
そんなに大量に必要なものでもなく。

山積みになった米ぬかを、
こうして田んぼに返してあげる事で、
少しでも土の力になれば!
そういう思いでまいています。

(2018.1.19)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 富山県黒部市