我が家の贅沢レシピ。野菜を楽しむ変わり種5選♪

in ピックアップ/レシピ/仕事,生活を覗く/福島/農家漁師の子育て
この記事の書き手
農家 福島県石川町

昨日は、二十四節気では大雪。七十二候では閉塞冬成(そらさむくふゆとなる)。

師走になり、みぞれが降るようになり、あったか下着と新調したフリースを着て
寒波よいつでも来い!!!!
と自分の体は身構えているが、野菜には予定外の寒波は困る。

さて、今日は変わりレシピの紹介。

①人参サンドイッチ・キャベツサンドイッチ

どちらも千切りを軽く食感が残る程度炒めて塩で味付け。
にんにくやハーブを入れてもよし。
パンには1枚はマーガリン、もう1枚にはマヨネーズを塗ってサンドしよう。
これ食べると、サンドイッチ屋さんを開業したくなります。
(つまりこのサンドイッチが旨すぎて儲かりそうな気がするってこと)

②焼き芋の大人スィートポテト

残り物の焼き芋に砂糖とバターとたっぷりラム酒。
混ぜるだけ。焼いてもいいけど、そのままで超美味しい。
多目に作った余りをうっかり朝食べないように。アルコールたっぷり。

③紅芯大根のご飯2種

小さく切って梅昆布茶と炊き込む。ピンクが女子好み。

薄くイチョウ切りにして塩揉みしたものを炊きたてご飯に混ぜても。
こっちは食感が楽しめます。

④紅芯大根のステーキ

「冬よ、ありがとう」な味わい。オリーブオイルで焼いて醤油をかけるだけ。
ちなみに、紅芯大根の大根おろしもいかが。キレイでしょ?

 

⑤みそっかすかぼちゃのチーズ焼き

カボチャ育ててると、どうしても、大きくならなかった子がいて。
畑に還しちゃうのもひとつなんですが、つい持って帰ってきちゃって。
薄く切ってチーズかけて焼くだけで子どものご馳走。

 

焼くとか、茹でるとか、蒸すとか。
それに塩だけ、醤油だけで最高の味。
素材が主役って最高の贅沢。
素材を生かす私ってスゴい。(プロの方すみません、言い過ぎました。笑)

やっぱりね、食卓で、素材の持つ力を味わってほしいんだ。
野菜ってこんなにこんなに美味しいんだよ、て知ってほしい。

マグロやステーキはやっぱり人をウキウキさせるけど、
私も「おぉ~!!!!」てなっちゃうけど、
もうちょっと身近にある「おぉ!!!!」を野菜で伝えたいなぁと思うのであります。

私が毎日台所で「おぉ!!!!」て言ってるように。

みんな
野菜、美味しいよ。楽しいよ。
野菜食べなきゃいけないから食べてるなんて、もったいないよ。ね。

(2017.12.8)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町