みんな違ってみんないい~ヤンマー帽子に雨靴。これが農家のスタイルです。~

in ぼやき/よめの視点/名言・語録/日々の仕事/福島/農家の仕事
この記事の書き手
農家 福島県石川町

さて、先日郡山までオットが研修に行きました。

私は久々に一人で気楽に(笑)、歌を歌いながら青空の畑を満喫しました。

(プリプリのMをエンドレスで。
♪消せないーアドレスーMのーペェジをーゆーびでーなぞーおってるだけー♪
今の子には分からないよね~。消したら終わり。クラウドにもどこにもバックアップないわけ。いいよねぇ、そういうの。アナログ万歳‼笑)

帰宅したオット。
報告を一通り聞いた最後にがっかりした口調で。
「若い子の半分はスーツだったなぁ…」

いいんです。
その子達は、研修だから、きっと失礼ないように、とか思ったんだよね。
でも、違和感を拭えない。

ずいぶん前に読んだ古来種野菜の八百屋さんの本にあった。
「どこに行くにも農家さんはヤンマーの帽子に雨靴で、しびれるほどカッコいい」

最近切り抜いた、とある記事にはこう書いてあった。
「グローバリゼーションが進み、アフリカに住む子達まで、欧米人のようなスタイルや髪の毛に憧れ、自分達のアイデンティティを恥じるようになった。」

あぁ、なんかカッコいいが一元化しちゃって、都会っぽいのがカッコいいんだな。
つまんないし、価値観が1個ってすごく未成熟。
もったいない。

ヤンマー帽子に雨靴は、農家のユニフォームじゃん。
自分達のユニフォームに誇り持たないでどうすんの?
泥でフロア汚すのは失礼だけど、農家は農家のスタイルで堂々としてればいいのに。
そんな多様な姿をカッコいいって思える世の中が豊かであって、
そういう世の中が、標準とか普通とか関係ない、優しい世の中に繋がるのに。

今は、営業が農家にとっても大事だから、
スーツ着て名刺をサッと出す農家がデキル農家なのかもしれないけど、
私はヤンマーやイセキのキャップをかぶり続ける。(←気持ちの上でね。笑)
それが最高にイカしてる。

それが農家のユニフォームで
価値観の一元化なんてクソくらえで
最終的に
多数派の価値観からはみ出したって自分は自分でいいんだよ、色々な人や国の人がいるからいいんじゃん、おもしろいんじゃん、て。
あぁ、こっちはこれがカッコよくて、そっちはそこが素敵だねって。
そういうメッセージになればと思うのです。

まぁ、私がいくら何を着たって、いいとこダサカッコいいが限界だけど、
自信のない人が私を見かけて、「あんなんでもいいか」位に思ってくれたら
それで幸せだな。

(2017.11.9)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町