B品売って、いくらになりますか?

in ぼやき/日々の仕事/福島/農家の仕事
この記事の書き手
農家 福島県石川町

ここでは、ある農家さんがお金にならないキズモノ野菜=B品と格闘する姿が語られています。
その農家さんとは、震災後、福島に移住した小規模農家の紀陸洋平さんと聖子さん。
彼らは「震災で起きたことを自分のこととして考えたい」という理由で、10年以上住んだ群馬県から福島県に移住を決意し、貯金も機械も何もないまま農家生活をスタートさせました。
そんな小規模農家さんの、リアルな心の声を聞いてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間をお金に換算したら、畑に捨ててきちゃった方がいい。

畑に捨てればそれは土に還るからね、循環だ。

そりゃ、食べてもらうために育てたんだもん、食べてもらいたいけどさ。

趣味で農家してるんじゃない、家族がメシ食ってくんだ、時間に対して生み出すお金は大事な視点。

たいしてお金にならないキズモノ野菜をわざわざ収穫して

この程度ならお客様からお金をいただいても失礼じゃないかな、て選別して

ましてやなんでB品かって説明までつけて、いくらになるってんだ?


でも、小さな農家だからできること。

畑のリアルを伝えること。

農家のリアルを伝えること。

儲けがいくら、だけが仕事じゃない。

畑のリアルを伝えるのは、小さな農家だからこそできる仕事だ。

私たち小さな農家の社会に対する力なんて3歳児の鼻クソほどの大きさもないけれど、

社会に対してできる、大事な大事な私たちの仕事。

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼岸花が田んぼのそこここで咲いている。

随分と日が短くなった。

彼岸である。

あぁ、死んだばあちゃんのおいなりさんがもう一度食べたい。

お墓参り行けないからさ、夢でいいから出てきて食べさせてよ。

ねぇ、ホントは聞こえてるんでしょ?

最近、母親をしていると

実は子である自分に、強く胸をつかまれる。

私は子であり孫なんだ。

心の中でつぶやく。

ごめんね、全然孝行してない。

言葉が見つからないまま涙だけが出てくる。

私は子どもなんだね。ずーっと。ずーっと。

彼岸花を見ながら、また泣いた。

(2017.9.24)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町