「ときどき都会、ときどき田舎」〜暮らしと農の大変革、二拠点居住農家を取材した〜

in イベント/イベント告知/スローライフ/時代をよむ/編集部から/編集部のインタビュー記事/農家漁師にインタビュー/長野
この記事の書き手

【この記事の読みどころ!】

☑ 名古屋〈都会〉↔飯田〈田舎〉の二拠点居住!
☑ 秘密基地のようなビニールハウスでスモモを栽培!
☑ 元商社マンが取り組む〈農〉の形とは!


―飯田市と名古屋の距離感はこんな感じ


―山下さんのビニールハウス ほんとにビニールのハウス。大きさは…なんと250坪!

名古屋と飯田市とを往復する生活をしている山下裕輝(やましたひろてる)さん、62歳。専門商社を定年退職され、現在飯田市のビニールハウスで数種類のスモモを栽培されています。今回、人生の大先輩である山下さんから、ご自身のライフスタイルについてお話を伺ってきました。そこには私たち若い世代にも通用する、今後の生活のためのヒントがありました。

聞き手:上野裕史(食べタイ編集部、早稲田大学3年)

 

●なぜスモモなのか

― なぜ「スモモ」を栽培しようとおもったのですか。


好きなんですよ、スモモが。

スーパーで売ってるの、おいしくないでしょ?酸っぱくて、ガリガリしてる(笑)。でも、北海道で食べたスモモがおいしくて。かじると果汁がぼたぼた落ちた!

そのことを憶えていて、自分でも作ってみようと思ったんです。家に庭ができたから、スモモを植えてみたりして。それで近所の人に配ったりしてました。だから、ビニールハウスでも自分の好きなものを植えようと思いました。それがきっかけですかね。


―スモモの木が立ち並ぶ。あふれる秘密基地感…!


―自動で水の管理も! すべて山下さんご自身で設置されたものだとか! すごい!

 

―なるほど。そういえばスモモの木って初めて見ました。何本もありますが…


甘くておいしそうなやつを全部植えて、それで味見をしたんです(笑)。成長した木は高さ4メートルくらいに大きくなるのかな。そうすると、木一本から2000個くらいとれる。でも素人なので、いまは20~30個くらいかな。去年は虫がついたりしましたが、今年は数回の消毒で済んでます。

 

―毎日の手入れは必要ない?


ないですね。ただし草刈りは本当に大変。放っておくとここまで車も入れなくなる。雑草の生命力はものすごいんですよ。毎日これるわけではないですからね。必要最低限のところだけはやるようにしてます。これなら、週一でもできますから。

―できたスモモは、どこで売っていますか?


名古屋の家の近所に、民家レストランっていうのかな?そこの人が、スモモが大好きだってことだから、パック詰めで置いてもらってます。

 

―そういえば以前は商社にお勤めでしたよね?ご自身のスモモを流通させたいという思いはありませんか?


まだまだ流通なんて考えられる段階じゃないけど(笑)、何か言えるなら、買って食べたスモモは美味しくない。完熟で食べられないからかな。だから、手の届く価格で、甘くて美味しいスモモが食べれるようになればいいかな、とは思いますね。

 

_____

「自分の好きなものを作る」と同時に「きちっと収穫してきちっと販売できるようになりたい」と語る山下さん。趣味と道楽の世界、癒しのための「農」のある生活と、小規模ながら生産・販売という生活のための「業」のある生活。この二つがうまく組み合わされば、「若者」向けの「農」のある生活が見つけられそうだと感じました。

 

●飯田の魅力

―飯田市と出会ったのはワーキングホリデーがきっかけだと伺ったのですが、なぜ飯田市にしたのですか。


まったくの偶然なんです(笑)

 

―本当にまったくの!?


まったくの(笑)。HPで偶然見つけたのかな。ほかのワーキングホリデーをしらないくらいですよ(笑) でも名古屋からいい距離なんです。軽トラで2時間かからないくらい。長野市になってくると遠すぎますから。こっち側(南信州)は人があったかくてよくしてくれるし、気候もいいし、景色もいい。

 

―南信州は「人」が良いのですか?


疎外感を感じたことはないですね。場所によっては、農村は閉鎖的なとこがあるでしょう?

 

―ありますね。


せっかくきたのに「地域に貢献」ばかりを考えなきゃいけなくなったらつらいでしょうから。「その土地にお世話になる」という気持ちを忘れずにいれば、その土地の人もあとからやってきた人も、心地よく暮らしていけると思いますよ。


―景色は最高であった。


―夜も絶景。

 

●二拠点居住のススメ

―飯田市にはどれくらいの頻度で来ていますか?


木曜日を中心に週に二日くらいですかね。これるときは土日も来ます。だから二拠点居住というよりは、いまは三割移住かな(笑)

 

―三割移住! 山下さんの周りに二拠点居住や移住をされてる方はいますか?


いないなあ。でも五年前に私が農業やりたい!って言ったときに止めた人たちに、「いまなにしてる?」って聞いたら、「畑耕してる」って言うんだよ(笑)。いわゆる移住政策とかは若者を集めたいのかもしれないけど、それは難しんじゃないかな。自分の人生をかけて初めから農業をやるのはそうとうな覚悟が必要だと思いますよ。反対に、60歳から農業を始めても15年はやれる。

 

―若者に需要はないでしょうか?


「仕事」と「農」の拠点が近ければ考えやすいかもしれませんね。例えば、飯田市には2027年にリニアの駅ができます。名古屋の家からここ(飯田市のビニールハウス)まで…ドアからドアまで1時間かからないんじゃないかな。とても移動が楽になるよね。

 

―リニアの開通が、「農業」と「仕事」との拠点の距離を縮めてくれるんですね!


それでも、若い人は、いろんなとこにいきたいって願望があるんじゃないかな。農業をやると、月に一度や二度、草刈りで丸一日潰れる日が出てきますからね。そもそも、学生のうちにこんなのんびりしたことを覚えちゃうのはよくないのかも(笑)。

「農業」以外の働き方を知っていれば視野が広くなりますから。いきなり農業をやらなくても、5年か10年か勤めれば「こうしよう」「ああしよう」と考えるようになるからね。それはいいことだと思いますよ。とは言いながらも、脱サラの人はすごいと思う。なぜなら、「農業」でお金を稼がなきゃいけないのだから。農業だけで生計を立てるのは、かなりの覚悟が必要だと思いますよ。

今日の話が、なにか参考になるといいんだけど(笑)

 

―「農業」で生きていくのは相当な覚悟が必要。二拠点居住によって、「農業」としてではなく、ゆとりのある、副業的な〈農〉のある生活を送ることができるかも。そんな未来が考えられました。本日はありがとうございました。

 

_____

「農のある生活」に憧れる若者とは、どんな若者でしょうか。

もちろん、仕事に疲れ、生活に疲れ、とにかく「農のある生活」をしたい!と考えてる人もいるでしょう。私も、そんな人が多いのではないかと勝手に考えていました。しかし、脱サラ、新規就農者としての農業は、「農業」=「仕事」となってしまうだけに厳しいものとなってしまう現実があります。

そこで、改めて二拠点居住について考えてみたいと思います。例えば、飯田市にはリニアが開通します。名古屋から飯田市が15分。東京から飯田市でも1時間かからなくなる。これならば時間的にも金銭的にも「農」と「仕事」の拠点が近づく。このような状況なら「農」のある生活に押しつぶされることもなく、「農」のある生活の拠点を手に入れられるのではないでしょうか。

もちろん問題はまだまだあるかもしれませんが、田舎暮らしを希望してる「若者」が多い割に、移住が進まない現状を考えた時、山下さんのお話は、「若者」の「農のある生活」を考えるための大きなヒントになりました。(文責:上野)

 

【おすすめイベント】

二拠点居住は魅力的だけど、そもそも「農のある生活」を上手くイメージできない、記事を読んだだけでは解決しない疑問や不安がある。NIPPON TABERU TIMESは、そんな方にオススメの生産者ツアーを開催します。

タイトルは〈南信州、いまどき田舎暮らし〉。山下さんのように「農」のある生活をされている方、飯田市役所のふるさ定住支援課の方などを招いて、「いまどき田舎暮らし」について考えるツアーです。 山下さんは、私たちに二拠点居住の可能性を教えてくれましたが、若者が「農」のある生活をする方法は二拠点居住だけではありません。このツアーには、実際に若くしてIターンされた農家さんが複数人登場します。先駆者と実際にお話しすることによって、なんとなく抱く「田舎暮らし」のイメージを、「いまどき田舎暮らし」というワクワクする未来に更新しましょう!

 

 

 

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る