農協はワルモノか?

in 「論」をよむ/東北/福島
この記事の書き手
農家 福島県伊達郡桑折町

東京にいて、メディアのニュースを見たり聞いたりしていると、農協について負の情報が多いように感じます。

農業者から高額な販売手数料をとっているとか、金融業がメインになっているとか。

そんなことはないと思います。
べ、べつに農協に媚びているわけではないですよ!

農協って、一般的な会社員からしたらよくわからない組織で、自然と入ってくる情報はメディアくらいだと思います。今回は問題とされているひとつ、販売手数料についてふと思ったことがあるので書いてみます。

言って良いのか悪いのかわからないので言いますが、実家の果樹園では農協へ支払う販売手数料は4割ちょいといったところです。各地の農協(農協は全国で1つではなく、地域によって異なります)や農作物によっても販売手数料の相場は変わってきますが。

じゃあ4割ってどうなの?高いの?安いの?って話ですが、

私は前職では、BtoBのシステム構築を仕事としていました。
この業界の見積もりは、「人月」を使う事が多いです。
1人が1ヶ月働く作業ボリュームが1人月となります。
これに1人当たりの単価を掛けて、金額を出します。
例えば、1ヶ月の単価80万レベルの人材が2人いて5ヶ月かかる仕事であれば、
80×2×5=800万。
こんな感じ。

この場合、顧客企業には1人あたりの単価80万で出しますが、社員に入る給料は20〜30万くらいですよね。
この差額を農協でいう販売手数料と考えると、計算するまでもなく4割を越えてきます。

顧客企業は個人ではなく、発注する会社に対し支払っているわけだから違和感はそんなに無いと思います。
農協も同じで、スーパーや問屋でも、個人ではなく農協に対価を払い、品物の安定供給や信用などの価値にお金を払っています。
なので、自分の場合になるかもしれないですが、農協の販売手数料自体はそんなに問題では無いのかなと。

じゃあ何を問題とすべきかですが、「農家にとっての取引先が農協だけ」になっている状態です。

農協との取引を断って、取引自体が無くなってしまえば死活問題ですので、農家は弱い立場にならざるをえません。
しかし、農家にとっての販路開拓は、相手が個人であっても法人であっても、WebやSNSの発展によってハードルは非常に低くなっていると思います。

乗るしか無い!このビックウェーブに!

(2016. 3. 28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県伊達郡桑折町