299年目の種

in ピックアップ/地域/日々の仕事/東北/生長記録/福島/農と漁の歴史/農家の仕事
この記事の書き手
農家 福島県喜多方市

会津の御種人蔘の種は、江戸幕府から下賜されてから今年で299年目。

会津人蔘栽培研究会で種の催芽処理をしました。鉢に種を埋めて約二ヶ月お世話をし、畑に播きます。この処理をしないと来春、芽が出ないんです。

夏に実を結んで秋にお世話して初冬に播く。雪が降る会津ではタイミングぎりぎりだけど、昔の人はこういう技術を自然の中でよく研究、習得したもんだと、改めて凄いなと思いました。

先人に感謝。自然に感謝。仲間に感謝。

(2015.8.17)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県喜多方市