新たな動物被害の正体は?〜中岡農園の子育て〜

in 中国/広島/農家漁師の子育て/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 広島県廿日市

最近、新たな動物被害にあっています。


エンドウ豆を引きちぎる。

つるむらさきの幼芽を折る。

リーフレタスの苗をポットから抜く。

まだ小さいズッキーニをもぐ。

種を採るために残した人参の花を刈る。

キュウリネットを切って中に潜り込む。

出荷する野菜を切り刻む。

わざと切れ味を鈍くした草刈り鎌を手に、我が物顔で畑のあちこちに出没します。


眠たくなると「あま!あま!」と叫び、草刈り鎌を捜し求めます。

鎌を手渡すと、お気に入りの人形を手にした子供のように胸に抱いて眠ります。

畑育ちの娘、千草、お陰様で無事2歳になりました。

 (2017.6.5)

➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 広島県廿日市