6月6日はなぜ梅の日?

in 和歌山/知恵袋・ワザ自慢/近畿
この記事の書き手
農家 和歌山県西牟婁郡上富田町

『6月6日が梅の日だということを知っていますか?』

梅の日って何?
そうですね、私も初めはそう思いました。
やさしい梅屋さんの店長がわかりやすくご説明します。

460年前、日本はまさに戦国時代。
日照り続きで作物が育たず、みんな困っておりました。
当時の天皇がなんとか雨を降らせたい、その想いで御祈祷

想いが届いて大雨が降ったそうです。
その時に賀茂神社に奉納したのが梅!
その恵みの雨『梅雨』とみんなが呼んだそうです。

天皇が祈りをささげたのが6月6日!
そして、『一般社団法人日本有機梅協会』も設立2年目!
そう、梅の日でもある6月6日に協会を立ち上げました。

食べる人、栽培する人、環境にも やさしい梅を残したい!
設立した当初の想いを胸に今年度も邁進してまいります。

お母さんが安心してあかちゃんに触らせられる梅を届けたい。
代表理事を務める『一般社団法人日本有機梅協会』
店長を務める『やさしい梅屋さん』
どうぞこれからも応援して頂ければと思います。

(2017. 6. 6)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 和歌山県西牟婁郡上富田町