今までで良いじゃん、っていうのが大嫌い

in 日々の仕事/東北/農家の仕事/青森
この記事の書き手
農家 青森県北津軽郡板柳町

農業とは、地味の連続だ。

地道な作業でしか、結果が得られない。

枝を拾う、枝を燃やす、枝を運ぶ。

時には膝をついて、腰を下ろして、

泥まみれになりながら地面の冷たさを感じ、

あー、雨降ったんだったなーと身体で感じる。

1つ1つの作業が、何時間掛かったか、

計算し忘れながらも意識してみている。

意識してみると、今まで見えてこなかった考えも生まれる。

例えば、枝を燃やすにも、もっと早くすることはできないのか?

燃やす場所は、何で集めるのが良いのか。

理想を突き詰めて考えてみている。

考えることを否定し、

今までで良いじゃん、面倒じゃん、

っていうのが大嫌い。

全ての作業に意味があり、突き詰めた結果で仕事をしたい。

自分がどれだけ考えているか、大したことないんだろうけど(笑)

だから考えてみたいし、人の話を聞きたい。

もっと良いものを、より簡単に作れるように。

ね?

(2017. 5. 12)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 青森県北津軽郡板柳町