6年ぶりにスイカ畑に一般の人を入れる理由

in イベント/イベント告知/ツアー/中部/愛知
この記事の書き手
農家 愛知県新城市

ちょっと前に魅力のない街に選ばれてしまった名古屋市。ほんとに超久々です。

うちのスイカ畑に一般の人を入れるのは…

6年ぶりくらいかなぁ?

実は名古屋のNPO「大ナゴヤツアーズ」が体験型旅行の事業をスタートしまして、それの一コマとして参加させていただいております。

ちょっと前に魅力のない街に選ばれてしまった名古屋市。
こういうニュースとか流れるとその街の人たちは奮起するわけです。(きっと)

それで立ち上がったのが「大ナゴヤツアーズ」。

手法としては着地型観光というもので、現地に行ってそこにいる人やモノ・コトを通してファンを増やそうというもの。大ナゴヤツアーズの特徴としては安価で手軽ということと、イベント内容を厳選してコンテンツを作ってるということ。

 

もともと数年前に僕も地域活性化のために奥三河でこんなことやりたいなぁと思っていたことがあるんですが、農業やりながらだと無理だと気づいたので諦めました。しかし、自分でやらんでもやりたい人と組むという方法でようやく実現したので、自分も奥三河のプレイヤーの一員として今回プランで参加させていただきます。

その企画というのがコチラ!

1玉8kgの自慢の大玉スイカをまるっと堪能!~こだわりのスイカ農園散策と収穫のお手伝い体験~

実は冒頭にも書いた通り、スイカ畑に人を入れるのは久々です。

というのも、うちのスイカは普通のスイカの2倍くらいの価格がしますので、どちらかというと高級品です。過去に素人の人が入ってツルとか踏んでグシャグシャにされたり、スイカを運んでる最中に落として割られたりしたことがあって、好意でやってたのに損害が結構出るという苦い思い出がありまして敬遠しておりました。

かといって、やりたくないかというとそうではなく、キチンとお客さんを選んで(暴れないとか人の話を聞くとかそういうレベルです)やりようを考えれば、うちのスイカをより深く楽しんでもらえることができるだろうと思っています。

実際、今年はウリハムシの発生が早い上に数が多いことや、ハダニがちょっと発生してきていて例年に比べて難易度が高く、精神的にハラハラしています。明日から梅雨入りするか?みたいな報道もありますし…ちゃんと美味しいのできるかなと心配もしています(;´∀`)

 

人事を尽くして天命を待つのみですが…

良かったら畑で一緒にスイカ食べましょう。

お待ちしております。

(2017. 6. 6)

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 愛知県新城市