3分でも、30分でも、3時間でも魂込めて語れる農家になろう

in 「論」をよむ/中部/名言・語録/愛知/農家の仕事
この記事の書き手
農家 愛知県碧南市

(※編集部注:元記事は2014年のものです)

 

どーも!

絵が描きたいですね。

彫刻なんかもしたいですね。

クリエイター魂が燃え上がってます。

ぜんぶ春のせいだ(*^^*)

しかし暖かくなって畑の草が元気です。

畑の草や、田んぼのあぜの草をどこまで伸ばしていいか、という許容範囲は地域ごとに暗黙のルールがあるような気がします。

畑のまわりに雑草を生やそうものなら、種をばらまく極悪農家と罵られてもしかたない地域もあれば、

草がはえたらボチボチ手でとろうよ、きにするこたねーよ、という地域もあります。

当然雑草はないにこしたことはないんですけどね!

碧南市は農業が盛んな地域なので、やはり雑草に対しては厳しい土地柄だと思います。

そのおかげで農地が綺麗に維持され、ハイクオリティの野菜が栽培されるのです。

と、いうことで。

草取りしなきゃーーーー((((;゚Д゚)))))))

誰か心優しい方、手伝いにきてくださいm(_ _)m

切なる願いです☆(※編集部注:現在は、丸一日のガチンコ農作業のみ受け入れています。見学・収穫体験は基本的に受け入れておりません)

昨日は岡崎の野菜ソムリエ認定レストラン ちゃのまさんで、定期的に開催されている旬果旬菜教室にいってきました!

野菜ソムリエが野菜の栄養価や保存方法などの話をして、そのあとシェフの料理を食べてレシピまで教えてもらえる素敵な教室。

僕も生産者として少しお話させてもらいました。

野菜ソムリエ×シェフ×農業者

わかりやすくて伝わりやすくていいチームですね。

ちゃのまのオーナー浅井さんとの出逢いはふれあいドームに初出荷に行った日でした。

今後もっともっと大きなステージに上がっていく人だと思います。

出逢いに感謝!

その一方、

本当は農業者が自分で創った野菜の魅力を自分で語り、美味しい食べ方、生産者ならではの食べ方を実演して伝えるべきだとも思います。

それを常にやれって言うんじゃなくて、

そういうタイミングがきたらすぐできるようにしとこうよ!ってことです。

僕は3分でも、30分でも、3時間でも、なにかやってくれと言われたらすぐに対応できるようにショートなものからロングなものまで頭の中に材料を取り揃えるようにしてあります。

一度軸となる自分の考えを書き出すことで、ベースとなる台本ができます。

この軸の話に経験という材料を足し算したり、引き算したりします。

魂込めて生きてりゃ物語のひとつくらいできてきますよ。

少なくとも僕も、そして僕のまわりのお兄さんがたも、誰もがオリジナルの物語をもってますね(^_^)

自分らしく。

今日も楽しく生きていこう!

毎日楽しくてしかたないけど。

超究極プラス思考男で良かった(笑)

(2014.3.28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 愛知県碧南市