トマト栽培の極意 教えます

in 「論」をよむ/ピックアップ/山形/日々の仕事/東北/生産の哲学/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 山形県東置賜郡

全国のフレンドの皆様、超おはようございます。
愛とパワーを与えない百姓、中川吉右衛門です。

誰かに何かを習う、もしくは学ぶとき。
誰に習うのか?
誰から学ぶのか?

は、超絶重要ですよね。
では、今日のテーマ。

トマト栽培は誰に学ぶのがいいでしょう?

トマト農家さんですか?

農業セミナーをやっている講師の方ですか?

 

いいえ、違います。

それでは、そこそこどまりの「農家」にしかなれません。

百姓にはなれません。

農夫にはもちろんなれない。

もちろん、習うことはいいし、学ぶことはとても素晴らしいことです。

しかし、多くの人がそういう人から習った時点で、学んだ時点で。

そこから考えることをやめますよね。
「あの先生がこう言っていたから」

「あの人の本にこう書いてあったから」
そして囚われる。

で、

こうしないと、あーしないと。

これは使っていい、これは悪い。

で、結果につながらないこともあるし、結果が出ることもある。
結果がでない人は、あの人の言っていることはなんか違った。

とか、

そうならなかった。

とか。

やっぱり無理なんだ

とか。

そして、また、別の先生を探すか見つけるか、新しい本を買うか。
結果が出た人は、やっぱりあの人の言うことは本当だった。

とか、

あの人はすごい!

とか笑
見事に「擦られまくりの人生」です。

 

そうじゃなく、トマトの栽培は誰に聞けばいいのか?

そりゃ

「トマトに決まってるでしょ」

です♫
画像をご覧ください

 


これはトマトです。

トマトの「生命エネルギーと生き様」がそのまま表れています。

さぁ!ここから学びましょう。

ここからトマト栽培の極意が学べます。

これは昨年、僕のフルーツトマトを栽培していたハウスの中での今の現象。

昨年の実が落ちて、長い冬を越し、雪に潰され、ぐちゃぐちゃになり、春になり、乾燥し。

畑を耕運機で起こされ、苗代ハウスに変わり、その水分を吸収し、温度が完璧になったそのとき!

こうして発芽したんです。

生命が動き始めたんです。

下に見える黄色いゴミのようなものは、トマトの皮です。

この皮に守られ、今、去年のトマトの生命エネルギーが発動した。

どうですか?この密植したような生え具合。

そしてこの双葉の勢い、強さ、逞しさ。

これがトマト本来の生き様であり、強さであり、トマトの生命エナルギーです。
だから僕はトマトの苗なんて、ほとんど作りません。

ちょっとは作りますよ。

ほとんどが、こうして出てきた芽を、摘んで、ポットに移植するだけです♫
ね!簡単でしょ笑
品種がわからなくなる?

いやいや、わかります。

実がなれば、わかる。

そこに、それしか作ってないのですから。

それでも同じハウスで数種類作れます。
「三つ子の魂 百まで」

と言いますよね。

トマトだって人だって、なんだって一緒です。
こうして、トマト本来の生き様と生命のエネルギーをそのまま発動させて芽吹いたこのトマトは、ものすごく強く・美しく・逞しいのです。
そして、栽培は

「苗半作」

です。

どれだけいい苗を育てるか?

が、栽培の5割を占めるという意味ですが、

僕の実感としては、特に自然栽培であれば、

「苗7作」

です。

そのぐらい、苗が大事です。

いい苗を育てる。

これが、極意ですね。
いい苗はどうやったら育つのか?

そこを、トマトに聞けばいいのです。
種と栽培。
種とその作物の生き様。
そしてその生命。
その生命エネルギーは、どうやったらそこに集まるのか?

これが、すべてです。
だから、トマト栽培の極意は、、、、

トマトに聞けばいい♫
そしてそれは、あなたの畑のトマトに聞かなければ意味がない。

誰かの畑のトマトは、あなたの創る世界ではないのですから。
この辺が心底意識できると、農も人生もめちゃくちゃ愉しくなります。
だから早く・・・・・

こっちこいよ♫

ciao♫

【 愉しすぎる作物 中川吉右衛門HP】http://kichiemon14th.net/fan/

(2017,5,21)

 

 

 

 

 

 


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 山形県東置賜郡