【悲報】ポンカンの花咲かず

in 九州/事件簿・失敗談/生長記録/鹿児島
この記事の書き手
農家 鹿児島県南さつま市

ゴールデンウィークというと、柑橘の開花時期に当たります。

毎年この時期は、柑橘園の木々はあたかも雪が積もったように白い花で覆われ、馥郁とした香りにつつまれ……るはずなんですが、今年のポンカン園には、花がほとんどありません……!

木々が青々としております。花は、どこにあるんですか…? というレベル。

昨シーズン、たくさんの実が付いてしまったので、きっと樹が体力を使い切ってしまい、今年は花が咲かなかったのではないかと思います。

こういうのを「隔年結果」といいます。この「結果」は“result“ではなくて「果実を結ぶ」という意味です。1年ごとに実をつけたりつけなかったりするから「隔年結果」。

ポンカンは、もともとさほど隔年結果性が強くないです。表年と裏年はありますが、生産量はそんなに激しく変わりません。そのはずなんですが、今年はかつてないくらい花が少ない。やはり無肥料だからなんでしょうか…? ちょっとゾッとするくらい花が見えない。

そして、このように花が少ないということは、来年はほとんど収穫がないということです。当たり前ですね。せっかくリピート客も多くなってきたところというのに、ご注文を承れないことは残念すぎます。来年も買いますって言ってくださっていたお客様もたくさんいるのに…。ホント申し訳ない。

そして、収穫がないということは、収入も激減するということです(泣)

ポンカンは私の経営の柱なので、これがなくなると生活に支障をきたします。ちなみにタンカンの花も少なめ。どうしましょう。来年の収入(の激減)が今からわかっちゃうというのは農業は残酷ですね…。

でも逆に考えると、準備期間が1年あるとも言えます。収入の激減に備えて、何か金策をしなくちゃいけません。かぼちゃの面積の拡大を検討してみましょうか。

ということで、来年は大変厳しい年になりそうです……。

↓コンフィチュールやシロップも販売中です。よろしくお願いします!
【南薩の田舎暮らし】ジンジャーエールシロップ(750円)
【南薩の田舎暮らし】南薩コンフィチュール「金柑とたんかん」(600円)

 

(2017.05.17)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 鹿児島県南さつま市