負の先入観を引っくり返せ!

in ご当地ばなし/なかま・訪問客/地域/東北/福島/販売情報/買える店食べる店/農村漁村暮らし/食べる
この記事の書き手
農家 福島県耶麻郡磐梯町

ゴールデンウィークから道の駅ばんだいで販売を開始する新しいスイーツ!

母校の小学生と一緒に作ってみんなで食べました~!

僕自身の生産物や、磐梯町の素材を使って「スイーツを作りたい」と思い立ち、6次化スイーツづくりを始めました!

今回、母校の子どもたちと一緒にスイーツ作りをしたことには、理由があります。
農業の後継者不足がこれだけ進んでいるにも関わらず、問題を打開する政策が何も行われていないと感じました。しかし、政治家でもなんでもない自分がいち農家として出来ることは、子ども達が農業と楽しく触れ合う機会を増やすこと。農作物でスイーツなどを作ることを通して、きつい・きたない・カッコ悪い・儲からない、など深く根付いてしまったイメージを変えていくことだと思っています。

実際に自分自身も、歴史などの授業で昔から百姓が蔑まれてきた負のイメージを植え付けられて育ってきました。その根本的な負の先入観を変えていくことで、農業の楽しさや無限の可能性を示していく必要があると強く感じています。

しかし、何より子どもが好きなので、町の子供達と一緒に遊ぶことが一番の息抜きと、モチベーションを高めることに繋がっています。子どもたちと缶けりして捻挫したけど、楽しかったです(笑)

 

父親を土台に。
地域や先祖ともコラボレーション。

 

すべてのゼリーに使われている1層目の白い部分は、父親が作った「コシヒカリの米粉」のゼリーになっています。

「1層目は白くしたい」と思っていたので、牛乳や卵を使用したムースやゼリーも考えたのですが、消費期限が極端に短くなってしまうため、何かないかといろいろ探していました。

すると、灯台もと暗し!自家製の米を使うしかないと閃きました。磐梯産の米のアピールにもなるし、なにより米粉のゼリーなんて聞いたこともなかったので「これしかない!」と思いました。

 

色味が可愛く桜が入っている八重桜ゼリー
僕のメインの生産物であるオリジナルブランドトマトの磐梯天授に、塩で味付けしたトマトゼリー
親子四代に渡って育ててきた樹齢80年の「磐梯身知らず柿」の「天音雫」を使った香り高い身知らず柿ゼリー
アールグレイの気品溢れる香りと、僕自身の作ったえごまのプチプチ食感が楽しむことができて、さらに美容や健康にも良いえごまとアールグレイのゼリー
磐梯町産の仲良し農家さんが作った、甘酸っぱいブルーベリーが入ったブルーベリーゼリー

味は変わらないB級品や、販売価格が低い時期の生産物をピューレなどにして保存し、スイーツに加工しています。2層のゼリーにすることで、手間は2倍かかりますが、味の変化を楽しみつつ、美味しくて見た目も綺麗なゼリーに仕上げました。

 

観光客の方からも、「いいね!」をゲット

Oh! Cherry blossom!
Gooood!!!を頂きました(о´`о)
(2017.4.30)

 

新しいスイーツは、道の駅ばんだいで販売中です!
ぜひお越しください(о´`о)

また、フェイスブックなどでご連絡して頂ければ喜んで対応いたします。
代引きまたは銀行振込でお送りできます。)

(2017. 5. 5)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県耶麻郡磐梯町