「奇跡の朝の作り方」〜GWに休みを取れなかった母ちゃんの知恵〜

in スローライフ/よめの視点/家族/福島/農家漁師の子育て/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 福島県石川町

【恵みの雨、リーフレタスの収穫始まりました、そして農的ゴールデンウィーク】

昨日は待ち焦がれた雨。

小学校の運動会を予定された方には恨みたい雨だったかもしれない。

休みとったのに‼と。

でも、農家にとっては恵みの雨。

種をまいても芽がでない。野菜が大きくならない。田んぼに水が引けない。

土はパサパサ。ついでにお肌も喉もカッサカサ(;´д`)

植物は水を欲してた。

一日の雨で発芽し、ぐぐっと伸びた野菜たち。よかった。

でもね、喜んだのは植物と農家だけじゃなかったみたい。

昨夜外に出ると、ものすごく大きな声でカエルが鳴いてる‼昨日と違うよ‼

気のせいじゃないよね。喜びの歌だね。

そうオットに報告すると、

「生き物は顕著だよね。でも、1匹のカエルの声の大きさは同じだからね。鳴くカエルの数が増えたんだよ。」

ぬ…理系め‼

 

さて、話題は2つ。

ひとつめ。

レッドリーフレタス収穫始まりました!!

店頭に続々並べます♪

味見をしましたが、瑞々しく例年に比べ苦味雑味がホントに少なく甘味がある‼

気候のおかげかしら。アッサリ美味しい。私にはもの足りないくらいサッパリ。

野菜が嫌いな二男・二平も我が家のレッドリーフレタスは大好きなんですが、

レッドリーフレタス、食べたことはあるのに購入したことある方…あんまりいないですよね。買って食べるなら玉レタス。私もそうでした。

でもね、レッドリーフレタス、育ててみたら味わい深くて玉レタスより好き‼なくらいです。

食感は玉レタスですが、味わいはレッドリーフレタスだと思っています。

是非是非レッドリーフレタスの魅力に触れてみてください♪

 

ふたつめ。

遅ればせながらゴールデンウィークのお話。

土日・祝日はおろか、ゴールデンウィークだってない我が家。

子ども達は文句も言わないし、友達と遊んだりスポーツ少年団へ行って、忙しく過ごしている。

でも、親としては、やっぱりちょっと悪いなぁ、という思いもある。

家族でお出掛けしたいよね。外食もしたいよね。ゴメンね。

ちょっと落ち込む母さん。

でも、お金も時間もいらない楽しいことひらめいた‼

その楽しいことを口にすると、反抗期入り口の長男一平

「相変わらずお母さんはバカなこと考えるね~(ため息)」

 

その楽しいこととは、夜、畑で寝ること。

寝袋に入って、みんなでくっついて寝ること。

それだけだ。

 

その日、ホンのちょっとだけ早めに仕事を切り上げて、

畑の隅っこで炭を燃やし、肉を焼き、大盛りご飯にのっけて夕飯にした。

 

そして、古いパイプと古くて使えないビニールハウスのビニールで

テントもどきを作る。

段ボールと毛布を土の上に。

その上に寝袋を敷きみんなで入る。

もう真っ暗。

お母さん、ぼくのとなりにきて、て息子が四人で言う。

外は寒いけどみんなでくっつくとあったかい。

畑のでこぼこを背中に感じ、どこを頭にしたら心地よいか子どもも考えてる。

カエルの鳴き声。

土の香り。

しあわせすぎて、時間が流れていくのがもったいない。

 

太陽のひかりと鳥の声で目が覚める。

こんな朝があるんだ、と思う。

また炭を燃やし、パンを焼く。

コーヒーと紅茶で朝ごはんにする。

ありがとう。

今年のゴールデンウィーク、一番楽しかったのお母さんだ。

 

休めない農的ゴールデンウィークのお話でした(*^^*)

(2017.5.14)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町