【漁師の解説】今年もいよいよウニ解禁!

in ご当地ばなし/宮城/日々の仕事/漁師の仕事/農家漁師にインタビュー/農村漁村暮らし
この記事の書き手
漁師 宮城県気仙沼市

本日、地元唐桑では、今年初のうにの開口(解禁日)でした(^.^)♪

出だしにしては、身の色もよく良い感じのうに♪

今年もいよいよこの季節がやってきましたな(o^・^o)♪

(2017.5.3)

\教えて漁師さん/


やっくんのミニ講座 〜ウニの開口って…何?〜

ウニが美味しい季節がやって参りました!
頑張った自分のご褒美に、ちょっと贅沢して、美味しいウニ、食べたいものです…(笑)

ところで皆さん
「ウニはいつでも採れるわけではない!」
ってこと知ってますか?

実は”開口”という
「ウニを採ってもいいよ。」
という日があって、それ以外の日は採ることができないのです。
だから開口日(ウニ漁解禁日)は、記念すべき日なわけです!

そして、やっくんが暮らす唐桑でも、5月3日にウニの開口を迎えたようです!

ーウニの開口の日って、毎年決まった日なのでしょうか?


特に日にちは決まっていません。大体5月~7月末の間に5~6回ぐらい開口(解禁日)がある感じです(^.^)
唐桑では、GWの帰省客に合わせてあける傾向ですね(^^)


ーなるほど!!

特に決まっていないということは、誰かの「ウニとっていいぞー!」のゴーサインがあるということですね…?
ゴーサインを出すのは一体どなたなのでしょう?


気象に詳しい方が判断をして、最終的には各漁協支所の運営委員長(組合長)が決定します。


ー漁師だけではなく、様々な人が関わっているんですね!
最後に、
美味しいウニのポイントをぜひぜひ教えてください~!


身の色は黄色がいいです。
黒っぽいのはよくないですね。

味よし、身入りよし、身色よしの三拍子揃ったウニが最高です(^.^)


やっくん、ありがとうございます!

第1回やっくんのミニ講座これにて終了です。
次回も皆さんお楽しみに!


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 宮城県気仙沼市