八十八夜に新茶はじめ

in 仕事,生活を覗く/愛知/春夏秋冬
この記事の書き手
農家 愛知県豊田市

本日5月2日は立春から数えて八十八日目急ぐ
夏も近づく八十八夜ってヤツです太陽

今年はこのお茶屋にとって意義深い日に収穫を始める事になりましたふたば

(編集部注:立春から88日目の日は新茶を摘みを始めるのに最もふさわしい時期とされており、この日に摘み採られたお茶を飲むと、無病息災で健康に過ごせると言い伝えられています。)


皆様に美味しいと言っていただけるお茶作りに励みますお茶音符

(2017.5.2)

■関連記事■

茶葉の成長のご挨拶


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 愛知県豊田市