2017年4月 月間アクセスランキング

in ピックアップ/ランキング/編集部から
この記事の書き手

 

2017年4月に最も読まれた食べタイ記事はこれだ!
(集計期間:4月1日〜30日/対象記事:3月31日〜4月30日にアップされた記事)

10位

【作ってみた】オリジナルのクワ

「クワ、作っちゃいました」

「こんなクワが欲しいな〜」と思った30分後には・・・?


 

9位

【誰も知らない】激ウマなのに、市場価値がない魚

「漁師しか知らない、激ウマな魚があります!」

しかしいくら美味しくても、マイナーはマイナー。市場価値はつきません。

この課題をどう乗り越えるのか。考える漁師、高森さんが答えます。


 

8位

「思いを伝える」時代から「思いが伝わる」時代へ

今はPRの時代。次はどうなるのかな?

物々交換は無理でも、「物々交換のような距離感」で
売ったり買ったりするのはできるのではないだろうか?


 

7位

幻のいぶり大根漬けの運命は・・・?

「レアないぶり大根漬け、できちゃいました!」

どうしよう。おいしいかも。来年もつくるべき?
みんな教えてー!


 

6位

東大みかん愛好会がワーキングホリデーにやってきた!

大学生たち、和歌山によっといで♪

知る人ぞ知る「東大みかん愛好会」。
みかんを愛してやまない彼らが、集まる和歌山のアジトとは?


 

5位

土づくりなんてやめてみないか part2

「土づくりにばかりとらわれていると、本質が見えなくなるぜ。」

今月の第2位の記事のつづきです。ぜひあわせてご一読ください。


 

4位

世界一嫌われた町を、世界一すごい町に

「世界一」だって、確信に変わった。

相馬の農家が語る、相馬の人も知らない、相馬のすごいところ。

震災後にUターンして就農した若手農家が語ります。


 

3位

「あの人もこの人も新規就農者」問題

「新規就農者という言葉の曖昧さにガックリくるんです。」

“新規就農者”とは、誰を指すかご存知ですか?

実は若者も、定年退職後に趣味で始める65歳以上の人も、
十把一からげに“新規就農者”になってしまうのです・・


 

2位

土づくりなんてやめてみないか? part1

「誤解を恐れずいうと、栄養なんてどーでもいいです。」

土づくりなんかやめて、足元を見てみませんか?
野菜づくりの本を読む前に、考えてみたいこと。


 

1位

村八分になった漁師さんに、 ムラ社会の楽しみ方を聞いてきた。

「出る杭は打たれるは本当か。いや、違う。」

それを証明してくれたのは「打たれても打たれても出る杭」ホタテ漁師・高森優さん。

「最悪の状況だけど楽しめる」と語るUターン漁師の高森さん。なぜそう言えるのか。叩かれても突き抜ける姿には、誰もが勇気をもらうはず。

食べるタイムス歴代1位のアクセス数を記録したホームラン記事です。


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町
農家 山形県東置賜郡
農家 愛知県碧南市
農家, 畜産農家 福島県相馬市
農家 和歌山県有田郡湯浅町
農家 秋田県仙北市
農家 宮城県大崎市
農家 岩手県北上市