【長期保存術】おせちに備えて!たけのこの「おから塩漬け」

in 保存/埼玉/知恵袋・ワザ自慢/食べる
この記事の書き手
農家 埼玉県さいたま市

今が旬のタケノコ満載の時期。

でも同じ時期に、ど~ん!とあっても食べきれない。
せっかくなら、保存してあとでゆっくり堪能したい!

ということで、おすすめがこちら♪

塩とおからをつかって、塩漬けにするということ。

そう、塩とおからをまぜたもので、糠漬けの要領で
漬け込むというものなので、楽々です!
おからも、カライリせずそのままでOK

おから:塩=3:5が黄金比

一度湯がいた、たけのこを漬物ダルにただ
入れていくという簡単なことです!

漬物ダルがない場合は、タッパーに入れてもOKです!

塩漬け?が強いので、食す時は塩抜きしてから
食べるということを覚えておいてくださいね!

おからは、正直すぐに腐ってしまうと
思ったのですが・・・。
問題なく、カビ一つでなくて、2年間も健在です!
もちろん、常温保存でOKです!

これは私が3回も実証実験済みです♪

ただし、しっかり密閉できるように、ビニール袋に入れて
漬ける方がいいかもしれません。
上部には、重石的なものをのせて、水を出してくださいね!

ちょっと漬け方が甘いと、カビるという報告もきてます!
途中で、一度水があがってくるので
それがカビる原因なので、気を付けてくださいね~

お正月に水煮のタケノコを買うのはちょっとね~
という方、ぜひぜひ自分で保存したタケノコで
お正月料理を楽しんでくださいね~

(2017.4.25)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 埼玉県さいたま市