地面に咲く小さな花たち

in 仕事,生活を覗く/兵庫/日々の仕事/農村漁村暮らし/近畿
この記事の書き手
農家 兵庫県篠山市

野の花、野の草〜〜

桜も散ってしまうと、地面では小さな花がたくさん咲いています。(八重の桜はこれからですが)

野菜は端境期(はざかいき)真っ最中。

コゴミと野生のシイタケ。
コゴミは高級山菜で、そのまま炒めたり湯がいたりできるのがありがたいです。
シイタケは玉切りしたコナラの木に勝手に生えていました。

 

ムラサキサギゴケ
言わずと知れたゲンゲ(レンゲ草)
空気中の窒素を固定してくれるので、そのまま耕し込むと緑の肥料です。

 

アケビの花

 

これもアケビの花

 

これもたくさん生えていて、ニリンソウ

 
もう少ししたら新玉、春キャベツ、エンドウ豆、その他いろんな葉物が出てきます。
今年は、モグラの害が少しでも減りますように、、、

(2017.4.22)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 兵庫県篠山市