土づくりなんてやめてみないか part2

in 山形/東北/生産の哲学/農家の仕事
この記事の書き手
農家 山形県東置賜郡

【 じゃあ、畑の育苗土は?】

全国のフレンドの皆様、超おはようございます。
愛とパワーを与える百姓、中川吉右衛門です。

「では、畑の土はどうすればいいんですか?」

田んぼの育苗土の記事に対し、数名の方から、この手のメッセージをいただいたので、記事にしてみようと思います。

基本的な考え方は、一緒です。

オチからいいます。

「土づくりなんて糞食らえ・やめちまえ!」

です。

あ!また言葉が汚かったですね笑

「土づくりなんてうんこ召し上がれ、おやめになったらいかが?」

です。

土づくりで、pHやら、ミネラルやら、栄養素やらに腐心して、足りないものを補う。
いわゆる栄養供給のための土づくりなんて、忘れてください。

どーでもいいです。

 

そんなことより、本物の野菜作りがしたければ、

「腐食土」を作ることをお勧めいたします。
「土づくりより先にぼかし(蒸し土)つくり」です。

僕の「ぼかし」は超絶簡単です。

僕の畑の草と、そこから出た野菜くず。
それと、我が家のご神木でもある、ケヤキや、庭木の落ち葉。

これを積んでおくだけです。
もちろん、積み方にちょっとしたコツがあります。

もっと厳密にぼかしを作るならば、
「イネ科の雑草と落ち葉」だけで作るのがいいです。
メヒシバとかね。

畑にこじゃ〜〜んと生えるでしょ♫
これを根っこごと引き抜いて、積みます。
根を外側に。
四角でも円を描くようにでもいいです。
その内部に、落ち葉を挟んでいきます。
高さは1メートルぐらい。
これを野積みしておきます。
1mぐらいになったら、重しぶたの要領で、畑の土を上にかぶせておきます。

これで完了。

僕は、秋までの畑仕事の中で、これを畑の一角に積んでおき、春に天地返し。
そうすると、内部の下の方は・・・・・・

フッカフカやで♫
の土になっています。

で、春の育苗から、植え付けなどにこれを少し使います。
で、また、夏の畑仕事で出てた草や、野菜くず。これを積んでいき、秋に完成。

また来春天地返し。
この繰り返し♫
画像は、下に載せておきます。

ぼかしは何のためにつくり、何のために使うのか?

それは
「生育のスタートダッシュ」
です。
いち早く作物に養分吸収能力を獲得させ、初期育成を促進させるのです。

いいですか?
間違わないでくださいね。

「養分補給・供給」
ではありません。

「養分吸収能力を作物自らに獲得させるため」
です。

この「ぼかし」に、俗に言う「3大栄養素」なんて入っていません。
なので、これを与えることで、栄養素を与えているわけではないんです。

ぼかしの使用例をいくつか。

・点撒きした種の覆土に
・苗床の用土に畑の土と合わせて
・ウリ類のクラつきに
・定植後、活着直後の添え土に一つかみ

などなど。
いろいろ使いますし、使えます♫

 

野菜というのは、この自然界でもっとも綺麗好きです。
そして、弱い。

野の菜なので、もともとは野草と同じです。

それを、大昔の先人たちが、これは食べやすいとか、これはうまいとか、これは育てやすいとか。
そうして、選抜してきたもの。
それによって、生命をつないできたもの。
それが、現代にまで繋がっている。

それが、野菜。

人の手が加わって、種と生命をつなぎ、護り、護ってきたもの。

それが「農」です。

そしてそれには、「技」も含め栽培管理。
昔の言葉で言えば、「ガイル(刈る)」という概念。
それが、「埶」(げい)=栽培技術

であるのです。

だからね。
昨日も、「畑一年生やりたくて来ました!」
って子が我が家に来ましたが、

やっぱり
「自然栽培・自然農法・自然農Fantasy」
思考できましたので、
がっつり破壊しておきました。

種をおろす。

苗を放つ。

これには責任がある。
それ相応に、護ってやらなければならない。

自然栽培や、自然系の農は、それをやらなくていい。
草も生え放題でいい。
虫さんも生きてるんだ。
すべては共存だ。
作物の力を信じるんだ!

とか、そんなことではない。
昔は、そんな生半可なことでは、命は守れなかったのです。

現代は、作物が実らなかった・・獲れなかった・・・・
としても、生命に直結するわけではない。
そういう時代に僕たちは生きている。

でも、昔は違います。

もしそんなことがあれば、生命に直結したのです。
今、その感覚を持ちながら、農に向かえ!!

と言っても、やっぱりピンとこないと思います。

ですが、
農の本質をきちんと理解し、腹に落とすことはできる。

その意識があるかないか?は
田畑に向かう姿勢
その作物
その自然観
その技術。

仕事のすべてに直結するはずです。

だからね。
土づくりにばかりとらわれていると、本質が見えなくなるぜ。

農の本質は何か?
食の本質は何か?

僕は何度も言っていますし、理解していますが、みなさま。

ご自身でもう一度考えてみてはいかがでしょう。
ciao♫

皆様、無肥料、無農薬だから自然栽培だとか天然農法じゃないんだ。
生きるという切実な問題にどう向き合うかだ!の素敵な1日を♫



天地返しは、一気にローダーで♫
買っちゃいました♫

ウソ!
地元の友人から借りてます♫


天地返しすると、中はこんな感じ♫
フッカフカやで♫


もう一山も。
ここは、野菜くずが多い山。

フッカフカやで♫


まぜまぜ完了♫♫
そのうち、トマト、かぼちゃ、ジャガイモ、里芋など。

勝手に芽吹いてきます笑

(2017. 4. 6)

■関連記事■

土づくりなんてやめてみないか? part1


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 山形県東置賜郡