【農家の特権】スナップエンドウの一瞬の旬

in まかない/九州/春夏秋冬/沖縄/食べる
この記事の書き手
農家 沖縄県国頭郡大宜味村

旧2月27日
晴 時々 曇

スナップエンドウ&グリーンピースが収穫の谷間に入ってしまいました。

そのスナップエンドウの管理作業ついでに収穫。
エンドウ菜。

(編集部補足)背景に見えるのがスナップエンドウのツル。
 丸いお皿に乗っているのが、スナップエンドウのツルの先っぽをカットした「エンドウ菜」です。

新しい野菜というか、ウチならではの変わりダネというか。

エンドウ豆を発芽させて「スプラウト」にしたのが「トウミョウ」。

その「トウミョウ」みたいな、スナップエンドウのツル先の新芽を収穫しました。

「芯止め(※1)」という管理作業が発生したときだけの「一瞬の旬」の野菜です。

さっと湯がいて、黒キャベツとブルーチーズのパスタに添えていただきました。

シャキッとしていてほんのり甘い味わい。

(2017. 3. 24)

(※1)芯止めとは
植物の茎頂部をカットすること。摘芯ともいわれる。
草丈を制限するため、優先して育てる芽の成長を促すため、植物同士がからまるのを防ぐためなどに行われる。

■関連記事■

えっ、あの野菜のこの部分って食べられるの?
農家さんが見つけた野菜の楽しみ方♪

レンチンで人参がヘンシン[葉っぱの活用法]

オーブン焼きにしても炒めてもおいしいこの花はなんだ?


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 沖縄県国頭郡大宜味村