「ただひたすらに、ありがとうを集める」63代目若き会長の決意

in なかま・訪問客/時代をよむ/東京/東北/青森
この記事の書き手
農家 青森県北津軽郡板柳町

2017年2月28日〜3月1日の2日間に渡り、
日本中の農業界の若きプレイヤーが、「第56回全国青年農業者会議」に集った。

主催は全国農業青年クラブ連絡協議会(通称:4Hクラブ)、日本の農業を支える20~30代前半の若い農業者が中心となって組織される団体です。

4Hクラブの現会長であり、青森の若手りんご農家・会津宏樹さんは今回の会議を通して何を思ったのか。
会議の前日・当日・後日談を通してその心情を追いました。


【前日】準備

ついに来た。

前日準備。

会長自ら、大日本農会からオリセンまでの車に物を運んだ。


そして、ギックリ腰になった(笑)

前代未聞の会長だ(笑)

(2017. 2. 27)


【当日】会長挨拶

みなさん、こんにちは。

ようこそ第56回全国青年農業者会議へ。

私が全国農業青年クラブ連絡協議会会長の会津宏樹と申します。

参加してくださった全国のみなさま、本当にありがとうございます。

さて、実は私は5年前まで、4Hクラブの幽霊クラブ員でした。

なぜ、そんな私がこの全国組織の会長になったのか、

それは5年前の青森県の農業者会議で出会った方の言葉が、心の中にあるからです。

当時は4Hクラブを卒業した農業者が参加する、トップランナーという経営塾に参加しており、

担当の普及員から、意見発表に出て、「トップランナーで勉強したことを4Hで話してみないか?」と誘われ、県の農業者会議で発表し、優秀賞をいただくことができました。

しかし、その農業者会議で一番の収穫だったのは、

そのとき呼んでいた講師の方との出会いの方でした。

その講師に突然「県連の会長をやってみないか?」と言われました。

そのときの私は幽霊クラブ員だったので、「無理です」と断りました。

その次に言った講師の言葉が今でも忘れられません。

会長を出来ない人に、誰も誘いはしない。

自分で自分を評価しないで、他人の評価を大事にすること。

大事なのは、自分が会長をやりたいか、やりたくないかだ。

20 代で出来なかったこと、やらなかったことは、30 代ではできない。

だから20 代は、誘われたことをトコトン断らずチャレンジする。

そして30 代は、20 代でチャレンジしたことから、自分のやりたいことを選ぶ。

40 代は選んだことを極める。50 代に、花開く。

この言葉を聞いてから、私は全力で4Hクラブの活動に打ち込み、

今では素敵な出会いが出来た、この4Hクラブを、大切に思っています。


今年、4Hクラブが掲げる活動方針は、「未来投資」です。

全国各地で生まれた、素晴らしい経営改善や、地域貢献の取り組み、

農業に対しての思いを発表する場が、プロジェクト発表、意見発表、優秀クラブ表彰になります。

昨年度までの優秀クラブ表彰は、書類審査のみで農林水産大臣賞を決定し、農業者会議の場で発表していましたが、

全国から集まった優秀なクラブの活動を、もっとみんなに知って頂くため、

今年からは、書類審査で選ばれた三組のクラブに、

この農業者会議の場で発表して頂き、そこから農林水産大臣賞を選考することになります。


私たちの活動は、同じことを続けていくことも大事ですが、時代に合わせて変わっていくことも大事です

私の住む、青森県の4Hクラブには、今4年大学の農学部の学生が所属しています。

そのクラブは、時代に合わせて、活動に興味をもった方の入会も認め、活動の幅を広げています。

かつて、私と同じ年に全協に入って活動をした同期に、農業者ではなく、一般の社会人の方もいらっしゃいました。

農業という職業は、なぜ憧れる職業にならないのか。

それは、キツいからでもなく、稼げないからでもありません。

農業が、未知の職業で、まだまだ身近ではないからです。

今こそ、農業に興味を持っている、学生や一般の方々へ、

もっと身近に感じてもらう必要が、あるのではないのでしょうか?

その大きな課題を解決するのは、農政ではありません。

農業のことは、私たち農業者自らの力で解決していかなければならない時代になりました。

農業者が集まるということは、私たちだけメリットがあるわけではありません。

そのメリットは、農業に興味をもっている方々に与えることもできるのです。

今回の農業者会議には、そんな農業に興味を持った学生達や、そのOBOGの社会人の方々も全国から参加しています。


同年代だからできること、今の時代だからできること、

今まで想像もしなかった農業の未来を私たちで作っていきましょう。

そのきっかけが、今回の農業者会議です。

この大会で、誇り高い農業青年達とぶつかり合い、その情熱を地域に持ち帰って伝えてください。

その話を聞いた若い世代が、県を飛び越え、ブロックを飛び越え、全国の地に足を踏み入れることでしょう。

それが今年の4Hクラブの掲げる、未来投資です。

この大会が、4Hクラブの、そして日本の農業の新時代の幕開けとなることを祈念しまして、私からの挨拶とさせていただきます。

二日間、よろしくお願いいたします。

 

(挨拶全文 ※一部略)
(2017. 2. 28)


【後日】総括

幕が開いた時の高揚感、

手の震えが今でも忘れられません。


みなさまの、洗練されて情熱を持った発表に、

心が熱くなりました。

交流の夕べでは、遠くにいる仲間との再開や、

新しい出会いがあったことでしょう。

農業に興味を持っている学生のみなさま、そして、社会人のみなさま。

どうか、4Hクラブを憶えていってください。

そして、全国各地に熱い農業青年がいることを、

仲間に伝えていってください。

 

農業者のみなさま、

どうか、農業に興味を持っている、

学生や社会人がいることを、

4Hクラブ員に伝えてください。


この大会は、ここで終わります。

しかし、この出会いは、

ここからスタートします。

組織の壁を超えた情熱は、

全国から地域に波及し、

地域から、全国に、

また大きくなって帰ってくることでしょう。

日本の農業を、もっと身近に。

そして、憧れられる職業に。

未来投資。

まだ誰も見たことのない、新しい時代を、

共に作りましょう。


これからも、ただひたすらに、

ありがとうを集める。

平成29年3月1日
全国農業青年クラブ連絡協議会
63代目会長 会津宏樹

(017. 3. 11)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 青森県北津軽郡板柳町