船長は目にした!艫作崎の戦い

in 事件簿・失敗談/仕事,生活を覗く/日々の仕事/東北/秋田
この記事の書き手
漁師 秋田県八峰町

今日起こった壮絶な戦い。
艫作崎の戦い。
海上保安庁vs違反刺し網船。

朝出港してヤリイカ、ノドグロ狙いで艫作崎へと船を進めた。いつもの漁場で投網作業を準備していたら、レーダーに見慣れない点が1つ。
なんだろう?と思いつつ漁を開始した。
夜が明けると刺し網船団が艫作崎や岩崎の港から大挙する。その数20艘ほど。


実は近年、この刺し網船団の違反が相次いでいる。漁をする区域を守らずそこら一帯を占拠し網をかけるため、我々底引き漁船は網をかけられない。しかも本来は船名を浮きに書かなくてはいけないのだが、違反区域の浮きには何も書いていない為特定することができない。
今日の朝も違反区域に船を向けて走り出してるなと思った瞬間…点が動いた!
さっきまで止まっていた船が猛烈なスピードで船団に接近する。
その瞬間面白い物を目にした。慌てふためいた船団が蜘蛛の子を散らすように港へ向けて逃げ始めたのである。
海上保安庁の巡視船が追いつくかと思ったがすんでのところで逃げられ港に帰って行った。
聞いたところ今日は網をかけてはいけない日だったようで、その取り締まりの為に来ていたとのこと。
面白い物を見せてもらったと感動しながら大の用を足していたら、今度は猛烈なスピードでこっちに来るではないか!しかも双眼鏡片手にこっちを見てる!
やはり見たくなかった様ですぐに深浦港に入って行ったが…
最後に俺のケツの穴まで巡視していく海上保安庁第七管区高速巡視艇「うとう」。いい仕事するねぇ( ´Д`)y━・~~

(2017.2.28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 秋田県八峰町