「のりたま農園」冬の過ごし方

in 仕事,生活を覗く/兵庫/日々の仕事/農家の仕事/農村漁村暮らし/近畿
この記事の書き手
農家 兵庫県篠山市

のりたま農園便り〜☆

 

陽気は、春ですね。

ゴボウ、ニンジン、ジャガイモ、ほうれん草、小松菜、小かぶ、春大根、レタス…のために米ヌカを入れて、耕しました。種蒔きや植え付けまでにあと2回耕します。

「冬は、何をしてるんですか?」と
よく訊かれます。

・山へ木を切り出しに行って、薪割りしたり、(日本昔話のようです)

・土を焼いたり(苗作り用。昔は肥料が充分なかったので、焼き土をよく使っていたそう)、

・クン炭を何回も焼いたり(モミガラを炭状に焼いたもの)、

・竹で杭を作ったり、

・コウジを作って、味噌を仕込んだり…

 

そうこうしている内にあっという間に冬も過ぎ去ります。

そして、ビニールハウスの中では、ナスやらトマトやらの種蒔きです。この冬は野菜が少なかったので、春以降たくさん、たくさん実りますように。

 

(2017.3.4)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 兵庫県篠山市