里芋販売の動向から次の栽培を考える

in 中国/仕事,生活を覗く/山口/日々の仕事/農家の仕事
この記事の書き手
農家 山口県阿武郡阿武町

元気ですかー!!

春一番のお陰で涙が止まりません。

昨日は天気が良いのでジャガイモを植えていたのでそのつけが今日来ました。

それから里芋の販売の終わりが近付いて来ました。
白芽は少し前に無くなりました。

赤芽も今日、道の駅から遠方のお客さんから五キロ送ってほしいと連絡があったので残りの芋を掘ってきました。

畑一面芋を作ってみたのですが無くなりました。
次は2面にします。

夏場の冠水対策も去年の夏場で良くわかったので大丈夫です。
里芋は水を欲しがります。
去年は一ヶ月雨が降らなかったので水のない所では不作だったみたいです。

次は早ければ8月、遅ければ11月から里芋の収穫スタートです。

(2017.2.17)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 山口県阿武郡阿武町