小袋はプレゼントにぴったり&ばっちり!

in なかま・訪問客/中部/仕事,生活を覗く/富山/日々の仕事/販売情報/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 富山県黒部市

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

今週末はマルシェ出店があるので、
毎日こつこつと準備に追われています。

もちろん、
通常のご注文にも対応しているので、
発送・配達していますよ~。

発送でお米をお届けしている段ボールには、
ドライバーさんお米を大事に運んでくださいねシールをペタリ。

月ごとにデザインを変えていて、
今月は雪だるまです!

黒部はそれほど雪は降っていませんが、
山沿いはすごいのかな?

雪や道路状況により、
発送でのお届けに遅延が生じる場合がございますので、
ご注文は余裕をもってお早めにどうぞ♪

そうそう、
小袋の大量注文もありました!

多くの人のお米LIFEをおもしろくしたいをコンセプトに、
全国のお米農家さんを下道でまわり(うちにも何度もやってきてます!)
繋がった農家と消費者をつないで、
米騒動と称しておもしろいイベントやケータリングををやっている、
「ごはんとおとも」

彼らが本日2月9日肉の日に、
肉肉しい米騒動イベント「肉と米」を開催してるんですが(東京の肉バル・よよ木バル)
そのイベントのプレゼント用にご用意いたしました!

それにしてもイベント名が「肉と米」・・・。
そのまんま・・・(笑)。

でもでもイベントの趣旨、
・大量のお肉と、大量のおいしい土鍋ごはんに溺れる
・すきなだけ、土鍋ごはんの上に肉をのせられるロマン
・年に一度の肉の日を特別な日にする
を聞くと、
もう!
すんごく魅力的ですよね!!

2合(300g)サイズは、
小さいし軽いし、
腐らないし、
皆が食べるものだし、
デザインも可愛いし(→自画自賛です、はい!)
プレゼントにぴったり。

皆さんもいかがですか?
イベントから結婚式まで、
最近では保険会社さんからのご注文もありました。

お気軽にお問合せくださいね♪

(2017.2.9)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 富山県黒部市