裏タケノコ王シリーズ 第1回「プロアスリート農家」

in ピックアップ/編集部から/農家漁師にインタビュー/静岡
この記事の書き手
農家 静岡県富士宮市芝川

「本当のぼくは、テレビとは違うさ」

たけのこの山仕事を手伝いながら、真実のタケノコ王に迫るシリーズ。
現地取材18回、タケノコ王の右腕早大生が、ぶっ倒れない程度に更新します。

裏タケノコ王シリーズ

第1回 プロアスリート農家

 — 本当のぼくはいたって真面目な青年さ。
たけのこに真剣に取り組めば取り組むほど、ぼくを笑う人が増えたんだよね。

 

◆ 地獄でなぜ悪い


本当のタケノコ王を知るべく、山仕事に志願させていただきました。


よし!今日は、ぼくの日常を体験してもらおう。


たけのこの味を上げるにはどうすればいいと思う?ぼくは、竹を間引いて(伐採して)いるよ。めちゃくちゃ手間はかかるけど、栄養が行き渡るようになって、素晴らしいたけのこができるんだ。今日はその一部を手伝ってもらう。


もしや、落ちているのぜんぶ、間引いた竹ですか・・


そうだよ!ざっと500本くらい用意してあるさや。


ひえ〜!


まずはその竹を運んできてよ。


ぐぬぬ・・


竹ってずっしりしているんですね。両手で抱えないと持てません。


そういう長いのはチェンソーで切ったら運びやすいさ。


そして機械にかけて粉砕する。粉砕した竹チップも、いい養分になるさ。


はい、これで1セット。山の上の方にもあるからどんどん降ろしてきてね!

 

(ぷ〜〜〜〜〜〜ん)

 


わ、少しでも立ち止まると蚊が襲撃してきます!


ここにいると、蚊にばっかりモテて困っちゃうら?


風岡さんは、全然ねらわれていないようですが・・。


オーラがあるからだら!(笑)


(作業終了後。ほんとに刺されていない!)


(普通はボコボコになります・・)


(午後いっぱいかけてすべての竹を運び出しました。)


開始1時間くらいで脳が酸欠になりました。それを5時間ぶっ通しで、はあ、倒れそう・・。大学2年に走ったフルマラソンよりすごい疲労です。


山の斜度は、スキー場の上級者コースくらいあるからね。そこで働けばそうなるよね。ぼくは、夏の暑い日には水を6リットル補給するさ。水が足りない日は、時間節約のために水たまりの水を飲んだりもする。


ひええ〜(笑)。それにしても、これが毎日続くなんて・・。


一番きついのは練習でやっとかなきゃダメさ。ぼくは昔から「地獄」を選んできたんだよね。思い出すのは、短大から始めたトライアスロンさね。


トライアスロンは地獄でしたか?


夜、筋肉痛で激痛が走って、布団の中で涙が出るさ。自転車、水泳、そしてフルマラソン。鉄人レースに耐えられるように、身体をギリギリまで追い込まないといけないさ。

だけど、気持ちは一点集中だったね。成人式にも出なかっただよね。ひとり黙々練習さ。「日本の20代のライバル選手は遊んでいる。1日得してラッキー!」くらいに思ったよ。死ぬ気でやったって、終わってみれば、ほら、生きてる。ならばレースで輝くために、日々が地獄でなぜ悪いんだと。

 

◆ KENSの学校


競技歴1年で、国内大会で2度優勝したさ。競技歴4年目には、現日本代表監督の飯島健二郎率いる強豪、TEAM KENSにひろってもらったんだ。


飯島さんは、元熱血体育教師だったさ。

「プールを出るとき、受付の人にあいさつしたか!?」

「車に荷物を積み込むとき、愛を持っていたか!!?」

成人してからあれほど叱られるとは思っていなかったよね。でも、“速くて強い”以上に大切なものを叩き込んでもらったと思ってる。だからぼくは敬意を込めて、“KENSの学校”と呼んでいるさ。

当時、チームから支給されたのはユニフォームだけで、給料は一切なし。アルバイトをしながら、練習に打ち込んだよ。あの頃の練習量をお金に換算したら、月収200万円くらいになると思うね。スポーツの世界ではよくある話だけど、プロフェッショナルで食べていくのは、それくらいむずかしいことさ。

国内大会で13回優勝して、いよいよ世界へ羽ばたこうとした矢先、5年間の疲労の蓄積で、右脚が使い物にならなくなった。23歳のことだった。


1年は治らない故障、トライアスロンでは食っていけないという事実。引退を申し出たぼくを、飯島さんは飯に連れ出した。

「お前に食事をご馳走するのは、これで最後だろうなあ・・」

1年前、国内大会での活躍を見てKENSにスカウトしてくれた恩師からの別れの言葉。わかっていても、涙がぽろぽろこぼれたさ。

飯島さんに教えてもらったことは、今も生きているよ。お世話になった人に感謝すること。人の見ていないところで努力すること。脚光を浴びて「光」が濃くなれば、そのぶん日常の「影」も濃くなるよね。スポーツアスリートの現役期間は短いさ。でも、一生は長い。だから、飯島さんはああいう教育をしたんだと思うさ。あの5年間で、ぼくの一生の人格が形成されたんだ。

おっと、昔話が長くなっちまった。今日はおわりにして帰ろうぜ。

 

◆ プロアスリート農家

あくる日・・


さて、昨日降ろしてきた竹を全部粉砕するよ。こっちの粉砕機まで、運んできて!


ほいっ!回転させながら投げると安定しますね。


身体の使い方、けっこう慣れてきたようだね。


風岡さん、トライアスロン以外にスポーツはやっていたんですか?


昨日の晩、一緒にボクシングの世界戦見たら?ぼくもトライアスロン引退後は、ボクシングをやっていたさ。できればスポーツ、プロフェッショナルな道で食っていきたかったんだよね。


ふと疑問が湧いたんですが・・。昨日防衛に成功した山中慎介と、奇跡のリンゴ農家の木村秋則さん。風岡さんの仕事って、どっちに近いと思いますか?


山中だね(即答)


やっぱり!(笑)


(総作業10時間、500本の竹を運び出しました。)


今も変わらずプロアスリートの心境だね。長くて厳しいトレーニングシーズンと、短く輝けるレースシーズン。たけのこにかける1年に重なるだよね。年間300日の山仕事なんて、常人にはできっこない。目指すは、「日本一の味のたけのこ」さ。そうだね・・ “プロアスリート農家”というイメージかな?種目はたけのこ。たけのこ農家の日本代表。


わ、なんだかすごく腑に落ちました。


サインにしても、トライアスロン時代はあんまり求められなかったけど、いまは毎日のように書いているさや。


(短大の授業中に考えたサイン。直宏の「N」は、自転車がモチーフ)


こないだ、テレビの取材がきっかけになって、久しぶりに飯島さんと電話したよ。今のぼくの様子を、すごく喜んでくれたさ。

「おめでとう。トライアスロンで叶えられなかった夢を、たけのこで叶えることができたんだな」ってね。

(つづく)

【裏タケノコ王シリーズ】

第二回 「ファイトマネー

裏タケノコ王シリーズ 第2回「ファイトマネー」


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 静岡県富士宮市芝川