雑草が、とても美味い!

in スローライフ/レシピ/中部/石川
この記事の書き手
農家 石川県羽咋郡志賀町

今日の晩ごはんの一品

庭に生えてたハコベラを摘んで来て、サッと茹で、鳥居醤油さんのだしつゆと、粒マスタードで和えます。

雑草ですが、とても美味です(*´∀`)

まー坊作です←ここポイント(笑)

(2017. 2. 8)


雑草がおかずに!?
食べタイ編集部が詳しく聞いてみました。

(左)今回の記事で紹介された「ハコベラのマスタード和え」を調理した、マー坊こと須藤雅彦さん。
(右)今回の記事の筆者であり、インタビューに答えていただいた須藤慶子さん。

 

−今回調理した「ハコベラ」ってどんな雑草なんですか?


一般的に「ハコベ」って呼ばれる、春の七草にもなってる雑草だよ。
畑のきわとか、道端によく生えてるよ。

 

−食べられる雑草って、結構あるんでしょうか?


めちゃくちゃあるよ❗
しかも美味しいものもあるよ。

私が好きなのは「スベリヒユ」。
反対に、酸っぱくて美味しいとは言えなかったのが「イタドリ」。薬としては良いみたい。

つくし、みつば、あざみ、ペンペン草なども食べることができます!

 

−おいしい雑草があるんですね!

好きな雑草は、移植にトライするのもいいかも(о´∀`о)
「オカヒジキ」という雑草があるんですが、前に海辺に生えてたのを見つけて、根っこから引っこ抜いて家の庭に植えました。翌年から大繁殖しました(笑)。毎年食べてます(о´∀`о)

−なんと!
では反対に…雑草で失敗したことはありますか?


畑のメンバーと一緒に、土手に生えていた野草を生で食べたときですね。そのときは「まずっ」と言って全員で吐き出しました(T_T)

たぶん、灰汁が強かったのだと思います゜゜(´O`)°゜

−雑草にもいろいろあるんですね。
では最後に、初心者向けの「雑草の食べ方」を教えてください!

中には、シュウ酸という灰汁の一種が含まれるものもあるので、生よりも茹でてから調理をオススメです❗
ただ、中には毒性の有るものもあるから、むやみに食べるのはやめてくださいね。
雑草というと「いらないもの」という感じだけど、その土地の環境に適応して強くたくましく育った命だから、エネルギーに溢れてると思います(о´∀`о)

超自然なそのままの恵みをいただけるのは、幸せな事だな、と思います(о´∀`о)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 石川県羽咋郡志賀町