春、刻々と。風、強し。

in ◯◯前線/春夏秋冬/農家の仕事
この記事の書き手
農家 茨城県つくば市

本日、庭の梅が咲きました。
夕方気がついて写真をとったついでに畑の写真も撮ろうと向かったら、やり忘れの作業に気を取られ気づいたら日が暮れていました。ブドウ畑の写真がないという、ヴィンヤードとしてあるまじきアップデートですがお許しください。

庭の小梅と筑波山。
例年よりちょっと開花が早いです。

クリスマスローズ。全然咲いているのに気が付かず。
本当にひっそり。

水仙の芽吹きも今週から。

今年もサシバ、そろって越冬中。
年中筑波滞在しているのも数羽いますが、この時期は100-200羽以上まとまってみかけます。

庭の片隅のクリスマスローズも咲いて、花壇の水仙も芽吹き、春が近づいています。暦上は立春。

 

写真はのどかですが、ここのところの強風と来たら、剪定で切った細枝が、切ったそばから次元の狭間に飛んでいくほどの凄まじさ。

昨日の日中の平均風速が7メートル、瞬間最大16.8メートル。今日は体感的にはそれ以上。体も冷えます。
最近の強風で作業を断念したのが2月2日で、瞬間最大19.6メートル。このあたりが作業限界という感じです。

 

西高東低の気圧配置でほぼ真西からの風です。
冬場の冷たい風をこの辺りで「筑波颪(おろし)」なんていいますが、実際は筑波山から吹き下ろしているわけでないです。ウィキペディアにもそんな風に書いてありました。

今年に入ってから風の強い日は多いのですが雨はほとんど降ってません。
あさってはちょっと降水がありそうですね。
少し湿り気も欲しいところです。

(2017. 2. 7)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 茨城県つくば市