人間は野菜を「丸ごと」食べるのか

in ピックアップ/ぼやき/九州/仕事,生活を覗く/大分/日々の仕事
この記事の書き手
農家 大分県由布市

動物たちの餌の収穫という仕事が増えて気づいたこと。
人間用に収穫してる野菜って、その植物のほんの一部分でしかないのだなってこと。

まさに「根こそぎ」の収穫方法の小松菜やほうれん草であっても、外葉や傷んだ葉っぱを取り除く調整作業すると一割近く捨てることもあります。

キャベツやブロッコリーなんて、写真の通り株はそのまま畑に残ってます。
そんな放置された野菜の残骸はヤギや鶏たちの大好物。

ムシャムシャ食べてくれるのでなんか嬉しい。張り切って収穫しちゃいます。
果菜類は実を採るだけで樹はそのまま。隣のおばちゃんのナスの樹に残った葉っぱもヤギがムシャムシャ。

収穫時期が終わった畑は次のシーズンのためにきれいに片付けるのが目的になるのでいままで気にしなかったのだけど、残された畑・残された野菜に目が行くようになってしまいました。

(2017.2.2)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大分県由布市