養蜂家の冬しごと〜ミツバチの越冬のお手伝い〜

in 日々の仕事/春夏秋冬/農家の仕事/長野
この記事の書き手
農家 長野県長野市

12月8日

冬本番の寒さですが、ミツバチ達は箱の中で元気です。無事冬を越せるといいですが。

もりもり出てきますよ。

(2016. 12. 8)


12月16日

日に日に気温が下がっていきます。巣箱に藁などを入れて、越冬準備を急がなければなりません。

なるべく舞立たせないように・・・

(2016. 12 16)


12月26日

巣箱のワラ入れが終わったら、今度は周りを冬囲いして仕上げです。
何カ所もある越冬基地、年末までに間に合うでしょうか。

さあ、暖かくするよ。

ここは完成!

(2016. 12. 26)


1月17日

松代にも沢山雪が降りました。でもミツバチがお休み中の、冬のうちに済ませる作業もあります。
巣枠の準備や空の巣箱のメンテなどです。

目指せ6,000枚!

・・・その前に雪かきから

(2017. 1. 17)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 長野県長野市