「カッコ良さ」考〜長靴履いた母ちゃんのつぶやき〜

in 「論」をよむ/ぼやき/よめの視点/家族/福島
この記事の書き手
農家 福島県石川町

【寒波来襲!!】

人参と大根を外で洗っていると、手がジンジンと痛い。

あぁ、これこれ。これが冬の痛さ。
うっかりすると、洗っているそばから野菜が凍り始める。

手が真っ赤になり、「ハンドクリームのCMにこれ以上ないくらい適任でしょ。」と思うのだが、
そうか、今って外で野菜洗わないな、てことに気付く。

ハンドクリームのCMも、キレイなおしゃれしたお母さんがモデルで、
長靴履いた母ちゃんのストーリーなんてCMになりえない。

世の中の「カッコいい」は、そっちの方面かい!!と文句も言いたくなる。

16113911_616447675209546_6826673255922192603_n

「土曜日はマイナス8度」の予報に、急いで人参を全て収穫。

今シーズンは生育が本当に悪く、年内に獲りきっていなかったのだ。
雪の下なら冬越しできる品種だし、糖度が高い人参なので、ちょっとくらいの氷点下は耐えられると思うのだが、今シーズンは雪もなく…雪のない状態でのマイナス8度…さすがに凍みて傷んでしまうだろう。

15965395_616447688542878_7411476719837929414_n

どうにか日暮れまでに収穫完了。

帰宅し、両足の小指にしもやけができたことに気がつく。昔痛めた膝も痛い。

さすっていると、四平が「ぼくがやるー」と小さな手でさすってくれた。

長靴履いた泥の手をしたお母ちゃんの、小さな小さなストーリーである。

(2017.1.14)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県石川町