今日も薪割り。明日も薪割り。

in スローライフ/岩手/生産の哲学/農家の仕事
この記事の書き手
農家 岩手県雫石町

”斧”を選ぶ理由

斧は体をつかう作業になる

今年、機械を選ばない訳

薪に”顔”を、仕事に面白さを作る

o0480036013842585174

”ただの薪だけど、ただの薪じゃない”

と、何回も徳田がいう

手作業だからこその面白さ

そして、難しさ

徳田の暮らしのなかで経験したことが

仕事に活きる今

o0480064113842585184

 

ただ、仕事をするのではなく

仕事に意味をもちたい

記憶に残る徳田の祖父の暮らしには

薪割りがあったという

徳田が、薪割りを仕事にしたかった理由が

そこにあった

o0480064113842585199

”懐かしい日本の暮らし”に見出す

仕事の面白さと大変さ

今、ニーズにあった薪を目標にしながら

”じぶんの価値”を考えるとき

手作業以外ないという答えだった

そして、、、

薪割り撮りはじめの動画

撮るタイミングは

そうじゃない、、、

徳田のこだわり!なんですね

なんども、見てしまう、あたたかい

動画がとれました(笑)

(2017. 1. 10)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 岩手県雫石町