田子町のにんにくの「今」

in 地域/時代をよむ/生産の哲学/農と漁の歴史/青森
この記事の書き手
農家 青森県田子町

にんにくの町、田子町で自然栽培にんにくをやる事の意義。

青森県田子町はにんにくの町として、全国でも知られています。

メディアでも頻繁に取り上げられています。

「青森県産にんにく」と「田子町産にんにく」では価格も差があり、

「田子町産にんにく」の方が高値で取引されているのが現状です。

昔から、にんにくの栽培が盛んなわけではありませんでした。

作物がなかなか育たない、やせた土地だと言われ、昔は穀物が盛んでした。

そのほかでは、炭焼きが盛んで、石油の需要が増えると、炭焼きの需要が減り。

冬には、男手が出稼ぎに行くのも少なくなかったそうです。

出稼ぎが多くなると、家に残るのは、女子、子供。

生活は楽なものではなかったでしょう。

これではだめだ!なんとか出稼ぎに行かなくてもいい、作付けできる作物を!

そんなときに、福地村(現在の南部町)でにんにくの栽培をしていると聞きつけ。

当時の青年部の方々が、にんにく栽培に取り掛かろうという動きになったそうです。

そう、福地ホワイト六片種にんにくです。

やせた土地に牛の堆肥を使い、にんにく栽培に取り組んでいったのです。

売り込む先は、首都圏、東京。

どんな取材も断らずに受け。

にんにくに特化した田子町を売り込んだ。

もちろん栽培技術も怠る事なく、規格も厳しく、選別し見合わないものは農家に返却され、もう一度選別をしたそうです。

町には、にんにくの形をした街灯。ポストなど。

姉妹都市ではアメリカのカリフォルニア州ギルロイ市。

大韓民国、瑞山市。

イタリア、モンティチェリ・ドンジーナ町。

との、交流があります。

にんにくの町ならではかと思います。

ざっとですが、田子町のにんにく歴史です。

多少は間違っているところがあると思いますが。

先輩農家さん達あっての、にんにくの町、田子町です。

田子町に生まれ育ち、就農しにんにく農家になり。

ブランドがあるというのは、とても強いと感じています。

 

機械が導入されると、作業も楽になり、大面積を手掛けることもできます。

就農してから、うちの畑も使っていいよ。という方が多いです。

代々受け継いできた、田畑を60~80代の方が今も管理しています。

みな、子供、孫は都市部で暮らし。

どちらかが亡くなると、一人暮らしになり。

そして、空き家になる。

親戚でもそういう方は多いです。

これが、田舎の現状です。

 

にんにくの話に戻りますが。

「田子町のにんにく」だからという理由で買って欲しくありません。

なにを言ってるんだと思うかもしれませんが。

「みやむ~のにんにく。」だから買いたい。

そうなって欲しいのです。

田子町が嫌いなわけではないです。

むしろ大好きなのです。

これからは、農家一人一人の魅力を知って、作物を買うという時代になってきてると感じています。

にんにくは肥料をたくさん使う作物です。

その結果、最近では連作障害などが問題になってます。

いちど畑のバランスが崩れると、元通りになるまでは相当な時間を必要とします。

受け継いだ畑を、この先もずっと耕し、畑を子供、孫世代まで残していけるよう。

肥料・農薬・除草剤・堆肥を使用しません。

そうすることにより、同じ畑を壊さず、バランスのとれた状態で種をおろし、作物のお手伝いを続けることができます。

だって、じいちゃんから譲り受けた畑を壊したら、天国のじいちゃんが悲しむから。

(2017. 1. 9)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 青森県田子町