どうしたら太くなるのか 人も独活もおなじ

in 大阪/生長記録/農家の仕事
この記事の書き手
農家 大阪府茨木市

【冬があるから春がある】

寒くなって独活が冬眠に入るのを今か今かと待っていましたが、もうこれ以上待てない!!
ということで、独活(うど)の株を畑から掘り起こしています。

15781637_1804381413152450_2843390669611944518_n

 

 

掘り起こした株は小屋の中に敷き詰めて置いていきます。

15723746_1804381386485786_311124692533006402_o

15727014_1804381399819118_2678057892255941461_n

 

その上に干し草と藁を七層にミルフィーユ状に置き、水をかけ、発酵をさせ、熱を起こすことで、独活に春だと勘違いさせるのが三島独活の伝統農法なのですが、、

暖かすぎて、もう独活の芽が開き始めてる!!
あかんあかーん、
まだ春ちゃうよー。冬だよー。

独活は冬が来るから春を認識します。
冬眠するから、伸びるのです。
昨年はちゃんと冬眠をしてくれなかったので、独活の伸びが悪く、不作となりました。
今年も、独活にとっては試練の気候になりそうです。

三島独活農家になり、つくづく感じます。
人も同じだと。
苦しい時、休眠する時がないと、芽は出ないし、太くならない。

就農2年目の繁忙期がいよいよスタートしました。
決して順調なことばかりではないし、悩みは尽きないけれど、大きく羽ばたくためには大切なプロセスだと信じ、今シーズンも全力で駆け抜けます!!

15726400_1804381403152451_9191174105260898317_n

(2016. 12. 28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大阪府茨木市