神の恵みの魚「ハタハタ」の時期がやってきた!

in 仕事,生活を覗く/日々の仕事/春夏秋冬/東北/漁師の仕事/秋田
この記事の書き手
漁師 秋田県八峰町

おはようございます!
今年も季節ハタハタの時期がやってまいりました。

15349797_801379720002971_3106620782447054501_n 15319119_801379733336303_5025578107846034188_n

ようやく200メートルあたりから離れ2メートルまで接岸してきました。
残念ながら時化の為に底引き船但馬丸は出られませんでしたが、その分働きます!!
ちなみにこのハタハタこそ、秋田名物八森ハタハタと呼ばれる神の恵みの魚です。
今日の値段は初物ということもあり、非常に高く、3キロ入れ5000円の値がついております。

 

食べタイくん山本太志さんにハタハタ漁について聞いてみました!

−1キロどれくらいの値段なのでしょうか?

%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a4%aa%e5%bf%97%e3%81%95%e3%82%93
12月上旬に丘に揚がった初のハタハタは御祝儀相場のような物でキロ1600円前後で取引されます。
その後徐々に落ち着きキロ1200円くらいで推移し、最後漁が落ち込むクリスマス前後には2000円を超えます。忘年会、おせち料理で需要が高まるからです。

 

−へ〜!

%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a4%aa%e5%bf%97%e3%81%95%e3%82%93
ただ、それは平均取引価格の場合。私は常に最高値を付けるハタハタを皆さんに送っています。

 

−最高値を付けるハタハタ?

%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a4%aa%e5%bf%97%e3%81%95%e3%82%93
大きいメスです!

ハタハタ漁には刺し網漁と定置網漁があります。定置網はオスメス、サイズ関係なく入りますが、刺し網の場合、大きいメスのみが掛かるように網の目を大きくしています。
私は刺し網漁でやっていて、網の目も多分一番大きいでしょう。みんなびっくりするサイズですよ。だから特大しか掛かりません。

もう1つ言うならば、ブランド価値を高めたいというのもあります。 八森のハタハタで特大、更に刺身でも食べる事が出来る… 多分世界で俺しかやってないと思います!

(2016.12.3)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 秋田県八峰町