白米+米ぬかふりかけ=玄米?!

in イベント/イベントレポート/スローライフ/よめの視点/中部/仕事,生活を覗く/富山/農家の仕事/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 富山県黒部市

書くまでもない当たり前の事ですが、
今日で11月が終わり、
明日から12月ですね。

2016年もあと少し。
今年で終わらせたい仕事をきちんと片づけて、
新たな年を迎えたい!

と、
毎年この時期になると思っている私です。
思っているだけで、
何ともならない
いや、
はっきり言えば何ともしようとしてなかったりするんですが、
まぁ、
そこらへんはお茶を濁して。

気を張らずに。
顔をあげて。
できる事とできない事をわけて。
自分のペースで1つ1つ確実に。

子どもには厳しく。
自分には甘い。
そんな私をお許しください。

843ef4384e4abf164560aeb2054a24bc

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

87d57f85f024bf7ea7a9a03a8a29bc96

さて先日(実は内緒ですがもう1ヵ月近く前だったりします・・・)、
手づくり工房・風の薫りさんで、
我が家の米ぬかを使っていただいて、
米ぬかふりかけ作りのワークショップが行われたので、
その様子をお伝えしたいと思います!

風の薫りさんは、
ベーコン作りや常備菜のお料理教室、
布ナプキン・ベビーマッサージなど、
まだ小さい赤ちゃん連れのお母さんから
日々の暮らしを丁寧に送りたいと思っている女性まで、
いろんな方の支持を集めて各種ワークショップが開催されています。

826e0109a0b327ac342db3decb9ca805

立派な玄関を入ってすぐのスペースには、
風の薫りマルシェと題して、
近隣の農家さんの農産物や、
こだわりの手作りの作品などが並んでいます。

d62a8629fb980abc67afceb24b123d12

私はこちらのゆず胡椒の大ファン!

この時期は特に、
お鍋にゆず胡椒がたまらない組み合わせです!!

5ae195a64b817703187d5cde1133a91f

そしてこっそりと(いえ別に秘密にしていたわけではありませんが)、
濱田ファームのお米も置いていただいています。

無農薬コシヒカリの小袋を中心に、
精米・玄米それぞれ。

精米したお米は赤ちゃんの離乳食に、
玄米は健康が気になる大人に、
と好評をいただいるようで嬉しい限りです!

80b7d4e2fd8f3e3da4a38d0102a83ed3

さてその風の薫りさんの台所で、
米ぬかふりかけ作りのワークショップが始まりましたよ~。

赤ちゃんを抱っこしながら、
小さい子供をすぐ隣の和室で遊ばせながら、
ゆるゆると。

ゆるゆるという雰囲気がいいですよね~。
特に小さい子連れだと、
お出かけ先に本当に困るし、
こうやって子どもウェルカムで参加できるワークショップは、
貴重だと思います。

36fa4d0ed5ca25c5668ac0a7ab046cde

フライパンの中身は米ぬか。

どうぞ?
ふわふわの米ぬかをちょっと味見してくださいね?
とフライパンを持っているのが
今回のワークショップの先生・ミエさん

皆さん、
米ぬかそのものを食べた事ってありますか?

新鮮な米ぬかって、
ふんわりふわふわ。
甘みがあってきな粉のような味わい。
もしくは、
お菓子作りに使われるアーモンドプードルのよう。
本当に美味しいんです!

b91b768c2cf0fd848314e91eb9e4d1d4

恐る恐る食べた皆さんも、
驚いていらっしゃいました!

この米ぬか、
でも生のままだとすぐに傷むので、
まずはフライパンで炒ります!
炒ります!!
炒りまくります!!!

根気よく10分ほど。
焦げないように混ぜながら。

その後、
青のりや粉上にしたカタクチイワシなどと混ぜて、
秘伝のタレで味付け。

a811fa507aa3ecda2b484115709e70dc

添加物なし、
米ぬかも今回は無農薬コシヒカリを精米したもの。
安心で美味しいふりかけができましたよ!

玄米が苦手な方も多いと思いますが、
米ぬかふりかけを白米にかけて食べれば、
それはつまり玄米を食べている事と一緒。

栄養もばっちりです!

0d3dfc50ec091afda823dad774218344

さてこのワークショップでは、
私もノコノコとお邪魔して、
米ぬか提供者として参加者の皆さんの前で少しお話させていただきました。

6df4c10d842b0e1a78378c75e46e86d5

濱田ファームがどういう農家なのか、
どんな場所で、
どんな栽培方法で、
どんな思いで、
お米を作っているのか。

a9945b17395ee7933e84e7f4028f639d

さらには厚かましくも、
お米の炊き方まで。

我が家のちょっとしたコツを、
お伝えしてきましたよ。

85c23b648a387ebfba2d8fc045f08405

お鍋で炊くご飯、
すごく美味しいのはもちろん、
とにかく簡単!
早い!!

97aba4393c9ade4df47cba8ecf77f0b1

そして皆さんと一緒に、
お昼ごはんをいただきまーす!

米ぬかふりかけはもちろん、
炊き立ての新米も好評で、
皆さんにたくさん食べていただきました!
良かった!

質問もたくさんいただいて、
とっても活発なワークショップとなりました。

私は講師でも何でもなく、
いち農家です。
だから、
うまく伝えられない事もたくさんありますが、
でも農家だからこそできるお話、
しかも農産物検査員と食味鑑定士の資格を持っている、
私だからこそできたお話もあったかなと思います。

ご参加いただいたみな様の、
お米ライフの少しでもお役に立てたら幸いです。
ありがとうございました!

(2016.11.30)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 富山県黒部市