安全・安心のための北海道HACCPという取り組み

in うんちく・こだわり/メディア/北海道/地域/畜産農家の仕事
この記事の書き手
畜産農家 北海道河東郡士幌町

11月15日の日本農業新聞(V6城島さん愛読らしい)に、中小企業のHACCP導入事例集ができたよ。
っていう記事が載りました。

ヨーグルトの製造で、去年、北海道HACCPを認証されてもう1年半くらいたちました。
記事にも書いてありますが自分達があたりまえにやっている衛生管理(保健所などで習ったコトなど)は、
どの程度なのか確かめたくて取り組みはじめたのがきっかけです。

ヨーグルトの原料である生乳は毎日、管理されて出荷された結果、安全です。
その生乳を加工することで安全を壊すコトになると知った時
胸がきゅーっとなって心臓がばくばくしたコトを今でも覚えています。

酪農を「身近」に感じでもらえたらいいなという思いでヨーグルトをつくっているのに
それが、場合によっては迷惑がかかる、、、なんてことになるなんて!「嫌っっっ!!!」
本末転倒です。

そうならないために自分達にできることを、探したらここに行き着きました。

あたりまえのことですが、これを取得してるから安心とかではなく
「あたりまえ」に運用してくことが大切だと思ってます。

十勝は、たぶん恵まれてて
特に「今」。サポートしてくれる人達がいます。
帯広市役所、帯広畜産大学、帯広保健所、とかち財団などなど。
親身になって指導してくれます。
わからないことを、「わからない」って言ったらわかるまで教えてくれます。

さくら工房も、たくさん指導してくださったみなさんがいたから今があって
これからも、お世話になります笑

そんな十勝での取り組みが新聞で取り上げられたよーってコトでした。

14963372_1037402393048736_61089413779334513_n 14993327_1037409826381326_6618113911906853132_n 15085715_1037409609714681_91790092655093557_n

(2016.11.16)

 

編集部注:HACCPに基づく衛生管理導入評価事業とは、北海道で行われている自主衛生管理の取り組みのことで、HACCPに基づいて自己の衛生管理について評価を行い、保健所の助言を受けながら更なる衛生管理の向上を目指すものです。北海道の帯広では、この取り組みを中小企業にも広めていこうと様々な活動を行っておられます。


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
畜産農家 北海道河東郡士幌町