11月マルシェ出店&富山の食イベントのレポート

in イベント/イベントレポート/よめの日常/中部/仕事,生活を覗く/富山/日々の仕事
この記事の書き手
農家 富山県黒部市

東京から黒部に戻ってくると、
あの夢のように楽しかった日々が嘘のように、
現実の世界でもがく日々です・・・。

朝から娘を叩き起こして、
学校へ送り出して、
それから私はひたすらパソコンとにらめっこ状態で、
ともまるは農作業に追われて。

でも!
楽しかったイベントを思い出して、
こうしてブログにアップする事で、
またモチベーションもあがる!
次回のマルシェ出店の励みにもなる!!
はず!!!

というわけで、
先週のマルシェの様子を忘れないうちにアップしたいと思います。
今回は、
マルシェを抜け出して私ひとり、
麻布という何やらお洒落な響きただよう場所で、
キラキラな人たちが集った富山の食イベントについても、
お伝えします☆

75e47fd81b23f2f5bf3967949069bfa1

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

8df1bca002e79b4a2f7c1dbc42a7b1d9

今回のマルシェ、
とーっても暖かくて良いお天気に恵まれました!

久しぶりに娘も看板をしょって参上!
するかと思いきや、
すぐにあっちへフラフラ、
こっちへウロウロ、
挙句の果てにはマルシェの運営をされている社長さんと一緒に、
お隣のビルへ大好きなタピオカミルクティーを買いに行っちゃうという・・・。

fd8e0ca92ea67e61b09c91a0e9ccb6ac

今回は、
すこーしディスプレイも変えて臨んでみたんですが、
うーん、
どうでしょー。

まだまだ改善の余地ありまくりなんですが、
こういのってこれで100%正解!
というのってなくて、
試行錯誤しながら改善していくもんなんだろうなぁ。

毎回ディスプレイにバタバたしながらも、
今回もたくさんのお客様に足を運んでいただきました。
ありがとうございました!

a7a5ca794c60122a0299a15499d1ba2c-1

そんな中で、
私はひとりマルシェを抜け出して、
麻布エリアに潜入!

隠れ家的な(でも人気の)レストラン、
可不可さんで、
飲んだくれておりました♪

乾杯は、
富山が誇るワイナリーSAYS FARMのシードル。
秋にしてはポカポカ陽気だったので、
グビッと♪

88c2fb3c8cb3c271ed6b44c6ea054ca4

さらにさらに、
富山の日本酒のこのラインナップ!
ゴクリと喉が鳴りますよね!!

a93f135935ee88968617ac671b5d3d6f

BGMは、
おわら風の盆(という富山のお祭り)の、
物悲しい胡弓の音色。
完璧!

って、
マルシェをさぼって私、
遊び飲んだくれていたわけではありません!!!

4b1b57e17b1f0fed970e141b308799b6

今れは、
富山では当たり前、
でも世間ではあまり知られていない極上の食材を使って、
富山の食を堪能しちゃおう!
というイベントの様子。

光栄にも、
我が家のお米(黒米・赤米)も使っていただける事になったので、
私が代表として(えっへん!)お邪魔して、
しどろもどろになりながらお米の説明をさせていただいたというわけであります。

ed56a62f2b211300360db6d515408d88

いやぁ、
それにしても美味しかったなー。

前菜のこちらの、
甘エビや五箇山豆腐(固ーいお豆腐)はもちろん、
イラ(山菜)も味が濃厚、
さらにはバイ貝の美味しい事!

バイは富山でとってもよく食べる貝ですが、
東京で食べるバイは何でこんなに美味しいんだろう?!
と、
ちょっと驚きました!!

a82489653dcc192d366a13407e7171bf

今年はじめての(そりゃーそーだ、解禁されたばかり!)香箱蟹を、
まさか東京で食べるなんて!

福井の方ではセイコガニと呼ばれてるんでしょうか。
富山では香箱蟹。
雌のズワイガニの事です。

雄に比べると小ぶりですが、
外子と内子がたっぷりなのです♪

今まで普通に、
しかもムシャクシャと食べていたんですが、
首都圏ではあまり食べられないとか。
へー、ほー。

0b1454dcb5e5a4cd8ab155df7bf881ca

お椀は、
ススダケと五箇山豆腐と昆布(四十物昆布さん→我が家のご近所!)。

これまた富山では普通の食材だけど、
こうやって東京のお洒落なレストランで食べていると、
実はものすごく贅沢な食材なのでは?
と感じました。
5d0b04fc5fb1fad5131bd5cfbea10c4f

忘れてはいけない我が家のお米。

夜の部では黒米が使われたようですが、
私がいたお昼の部は赤米でした。

富山県でしか栽培されていない、
赤むすびという品種のお米。
古代米の赤米とコシヒカリの交配で、
古代米の栄養価の高さとコシヒカリの美味しさ、
どちらもいいとこどりしちゃったお米です。

通常は白米に混ぜて炊くんですが、
今回は赤むすび100%!
玄米のしっかりした味わいを楽しでいただきました。

※宣伝
赤むすび300g・600円/1kg・1600円で好評販売中~♪

他にも、
海の幸・イノシシなどのジビエもメニューにあったようですが、
残念ながら私は途中退出。
マルシェに戻りました!

でもこのイベントを通じて、
あまり注目される事の少ない富山のポテンシャルの高さを
ひしひしと感じましたよ~。
富山すごい!

というわけで、
マルシェレポートというよりは、
イベントレポートになっちゃいましたが、
翌日の青山ファーマーズマーケットも実はイベントが大盛況!
琺瑯鍋で有名な、
バーミキュラの新製品・炊飯鍋で炊いたご飯を楽しめるRICE BARの様子は、
また改めて!

(2016.11.17)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 富山県黒部市